AOMEI Backupperで仮想マシンを物理に変換します

仮想マシンについて

ネットワーキング環境の発展に伴って、仮想マシンは人々、特に企業ユーザーによって広く使用されます。それは物理コンピューターの安全性を心配しなくて沢山の危険なこと(コンピューターに大きなダメージを起こすかもしれない)を行えます。それは多くの経験を得るのに役立ちます。仮想マシンはVirtualBox、VMware Workstationなどのソフトウェアが沢山あります。最初は仮想ソフトウェアをインストールする必要があります。

もし仮想マシンを物理コンピューターに変換したいなら、どうすればいいですか。

仮想マシンを物理に自由に変換する方法

幸いなことに、仮想マシンを物理マシンに変換(VtoP)できるソフトウェアが沢山あります。実はAOMEI Backupperは物理コンピューターを仮想マシンに移行(PtoV)することも提供します。更に、仮想マシンを仮想マシンに移行(VtoV)することもできます。AOMEI Backupperは非常に推薦されます。理由は以上の機能だけでなく、それも優れたバックアップソフトウェアです。それを使用してシステム、パーティション、ディスク、単一のファイルまでもバックアップできます。また、それを使用してバックアップイメージの復元、ブータブルメディアの作成、システムクローン、ディスククローン、パーティションクローンなどのこともできます。それは異なるユーザーのために沢山のエディションがあります。PCユーザーでもいい、サーバーユーザーでもいい、それを使用して仮想マシンおよび物理マシン間で作業できます。

PCユーザーなら、AOMEI BackupperはProfessionalエディションを提供し、仮想マシンを変換します。最初は、AOMEI Backupper Professionalをダウンロードする必要があります。

AOMEI Backupperで仮想マシンを物理に変換します

AOMEI Backupperを使用するなら、どのOSであるか心配する必要がありません。それはWindows XP/Vista/7/8/8.1および最新のWindows 10を含むほとんどのWindows PC OSをサポートします。

仮想マシンを物理コンピューターに変換すると言えば、それはユニバーサル復元と同じです。ここでは詳細な手順です。

状況1.仮想マシンは物理コンピューターにあります:

この状況に遭う時、無料AOMEI Backupper Standardを使用してもいいです。

ステップ1. 仮想マシンのシステムバックアップイメージを作成します。それをUSBフラッシュドライブに保存します。

ステップ2. ブータブルISOファイルを作成し、ブータブルISOファイルで物理コンピューターを起動します。

ステップ3. AOMEI Backupperを使用して「復元」を選択し、システムバックアップイメージを物理コンピューターに復元します。

状況2.仮想マシンは物理コンピューターにありません:

この状況に遭う時、まずUSBフラッシュドライブのような外付けHDDを準備する必要があります。

ステップ1. AOMEI Backupperを使用して仮想マシンにシステムバックアップを作成します。

ステップ2. ブータブルメディアを作成して物理コンピューターを起動します。またはBIOSでターゲット物理コンピューターを起動し、そしてそれをPXEネットワークブートモードに設定します。

ステップ3. それはソフトウェアを自動的に起動させます。「復元」を選択し、そしてシステムバックアップイメージを見つけます。それを物理コンピューターに復元します。

Universal Restore

ステップ4. そして、ガイドに従って宛先パーティションを選択します。復元の情報を確認するページに移動します。「ユニバーサル復元を有効にする」がデフォルトで選択されたことを気づけるかもしれません。問題がないなら、「開始」をクリックして操作を実行します。

開始

* ディスクはSSDである場合、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」をチェックするのを非常に推薦します。それはSSDを最適化し、復元後よりいい性能を与えられます。

AOMEI Backupper StandardはWindows PCユーザーのために確かに良いバックアップと復元ソフトウェアですがシステムクローンが必要である場合、AOMEI Backupper Professionalエディションにアップグレードする必要があります。それをより柔軟に使用できます。