Clonezillaを使ってHDDをSSDにクローン

SSDにHDDをクローンするには、Clonezillaでできますが、複雑で時間がかかります。したがって、素人でも簡単にクローン作業を完了できるように、Aonei BackupperというClonezillaの代替案をお勧めします。

概要

HDD(ハードディスクドライブ)をアップグレードする場合は、SSDが最適です。SSDはソリッドステートドライブの略で、Windows、アプリケーション、ゲームなどの高速化を実現できます。さらに、SSDは、高い耐流電抵抗能力、低消費電力スタンバイ、無音走行、低動作温度を考慮すると、より優れています。SSDで変更する場合は、HDDのすべてのデータも保持したい場合があります。サードパーティのソフトウェアを使ってHDDをSSDにクローンするのが最も簡単な方法です。ここでは、Clonezillaと代替プログラム--AOMEI Backupperとの2つの無料ツールを紹介します。

ClonezillaでHDDをSSDにクローン

ディスクイメージとクローンのための無料でオープンソースのソフトウェアであるClonezillaは、WindowsとGUN/Linuxの両方で使用できます。Clonezillaを使用してSSDにHDDをクローンすると、少なくとも同じサイズのHDDでSSDを取得するか、AomeI Backupperを使用して500GB HDDから250GB SSDにクローンするなど、より小さいSSDに複製できると便利です。Clonezillaを使用してSSDにHDDをクローンするのは少し時間がかかり、扱いにくいですが、辛抱強くお待ちください。

1. Clonezilla Liveを用意

Clonezillaをブートするために新しいSSDにClonezillaをインストールして、ブートパーティションを作成してSSDブート可能であることを確認してください。(あるいは、Clonezillaをブート可能なCDまたはUSBフラッシュドライブに入れて、HDDをSSDにクローンすることもできます。)

2. Clonezilla Liveを起動

  • マシンに組み込まれたClonezillaで起動可能な新しいSSDを挿入し、Clonezillaを起動してください。

3. ブートメニューの 「ToRAM」オプションを選択

  • ブートメニューで、「Clonezilla liveのその他のモード」を選択します。
  • 次に、 「Clonezilla live(TO RAM、ブートメディアは後で削除できます)」を選択します。これにより、SSDのすべてのClonezillaライブファイルがRAMにコピーされ、SSDのパーティションを解放することができます。

4. 言語を選択

5. キーボードレイアウトを選択

6. 「Clonezillaの起動」を選択

  • 「Clonezillaの起動」を選択します。
  • 「ディスク/パーティションからディスク/パーティションへのデバイス作業」を選択します。
  • 「初級初心者モード:デフォルトオプションを受け入れる」を選択します。

7. 「Disk_to_local_disk」を選択

8. ソースディスクを選択

9. ターゲットディスクを選択

  • ここでは、ソースファイルシステムをチェックする必要があるかどうかを選択する必要があります。「ソースファイルシステムのチェック/修復をスキップする」を選択するだけです。

10. クローニングを開始

  • 実際のクローニングを行う前に、Clonezillaは確認を2回求めます。
  • 次に、ターゲットディスクにパーティションテーブルを作成し、ターゲットディスクへのブートローダのクローン作成に関する確認を求め、ソースディスクからのデータのクローン作成に関する確認を求めます。

11. ディスクがクローンされ

  • 「電源オフ」を選択すると、マシンが停止します。これであなたのSSDを使用する準備が整いました。

実際、初心者がClonezillaを利用りてSSDにHDDをクローンするのは非常に難しく、Clonezillaのクローンが失敗したという状況がさらに悪化する可能性があります。だから、別の便利で強力なフリーウェアを選んでみませんか?次に、AOMEI Backupperを使用してHDDをSSDに簡単にクローンする方法を説明します。

Clonezillaの代替プログラム-- AOMEI Backupper

ClonezillaでHDDをSSDにクローンする代わりに、AOMEI Backupperをお勧めします。AOMEI Backupperは無料で強力なソフトウェアで、すべてのWindowsエディションで使用できます。最も重要なのは、使いやすいインターフェイスがあり、簡単な手順でタスクを完了できることです。

1. AOMEI Backupper Standardをダウンロード、インストール、起動します。

2. [クローン]タブの[ディスククローン]を選択します。

ディスククローン

3. ソースディスクとしてHDDをクリックします。

ソースディスク

4. 宛先ディスクとしてSSDを選択します。

宛先ディスク

5. ここで操作をプレビューできます。その後、「クローンを開始」をクリックします。

セット

ヒント:

  • 「宛先ディスク上のパーティションを編集」にも3つの選択肢があります:パーティションのサイズを変更せずに、コピー, すべてのパーティションをディスクにフィット, AOMEI Backupper Professionalにアップグレードした後、ディスクのパーティションを編集ことができます。
  • セクター単位のクローンは、使用されているかどうかに関係なく、すべてのセクターをクローンします。空白セクターまたは論理不良セクターであってもそうです。
  • "SSDが最高のパフォーマンスを発揮することを保証するために、ここでは「SSDを最適化するためのパーティションの調整」をお勧めします。

6. クローンの進捗状況が100%になったら、「完了」をクリックします。

完了

ご覧のとおり、SSDにHDDをクローンする作業は、ClonezillaではなくAOMEI Backupperを使用して簡単な手順で完了できます。ディスククローンとは別に、AOMEI Backupperを使用してHDDをSamsung SSDにクローンすることもできます。