解決方法>「I/Oデバイスエラーが発生したため、要求を実行できませんでした」というエラーを解決!

シナリオ

Windows Server 2003/2008/2012(R2)/ SBS 2003/2008/2011またはWindows 10 / 8.1 / 8/7 / XP / Vistaの外付けハードドライブ(HDD)へのバックアップを実行する時に、次のI/Oデバイスエラーメッセージが表示されることがあります:

  • バックアップファイルの1つを作成できませんでした。(0x8078002A)
  • I/Oデバイスエラー(0x8007045D)または(2147943517)が発生したため、要求を実行できませんでした。
  • エラーコード2147943517(10進数)と0x8007045D(16進数)は、同じI/Oデバイスエラーを表します。

Backup Failed

HDDI/Oデバイスエラーが発生しバックアップに失敗した原因

  • バックアップの処理中に「I/Oデバイスエラーが発生したため、要求を実行できませんでした」というエラーが発生した場合は、バックアップソースディスクまたは宛先ディスクに不良セクタが存在するはずです。
  • バックアップがそろそろ完了しようとしていて、I/Oデバイスエラーが発生した場合は、ボリューム上の最後のクラスタに障害が発生しているかもしれません。
  • 512バイトのセクタサイズではなく、4Kセクタサイズの大容量ドライブにバックアップし、2T未満のHDDでよく使用されると、Windowsの古いバージョン上のバックアップと復元ツールを使用してHDDI/Oデバイスエラー0x8007045dが発生するのは、512バイトのセクタに基づいての標準のファイル形式のせいです。

I/Oデバイスエラーが発生しバックアップに失敗したことを解決する方法

HDDI/Oデバイスエラーを解決するには、一つまたは一つ以上の手順を試すことができます。

1. HDDI/Oデバイスエラーを解決するには、まずバックアップソースディスクと宛先ディスク上の不良セクタを修正します。

1.1. スタートをクリックし、または[Win]+ Rキーを押し、ボックスに[cmd]を入力して[Enter]キーを押します。I/Oデバイスエラーを解決するこのステップでは、管理者として実行する必要があります。

1.2.ポップアウトしたコマンドプロンプトで、次のコマンド [chkdsk X:/ f / r]を入力し、キー[Enter]を押します。「X」はチェックしたいパーティションのドライブ文字を表し、「/ f」はI/Oデバイスエラーを解決するコマンドを表し、「/ r」は不良セクタを見つけて読み込み可能な情報を復元するコマンドです。

1.3. I/Oデバイスエラーを解決するプロセスが終了したら、再起動してバックアップタスクを再試行します。

2. パーティションを縮小し、または拡張して最後のクラスタを別の場所に移動して再度「chkdsk」コマンドを実行します。 [ディスクの管理]で縮小するパーティションを右クリックし、[ボリュームの縮小]をクリックします。次に、ポップアウトした[ボリュームの縮小]のウィザードを参照して処理します。勿論、サードパーティ製のソフトウェアを使用してパーティションのサイズを変更することもできます。

3. ツールWD Quick Formatterを使用してHDDを工場出荷時のデフォルト設定にフォーマットし、再試行します。工場出荷時の設定にHDDをフォーマットすると、Windows XPではこのHDDが認識されず、そしてあらゆるデータが消去されるため、貴重なデータがある場合はハードディスクを事前にバックアップしてください。

4.ここまでの手順を実行しても、「I/Oデバイスエラーが発生したため、要求を実行できませんでした」というエラーがまだ表示されていたら、お使いのハードディスクはAdvanced format (4K)ディスクであるに決まっています。「I/Oデバイスエラーが発生したため、要求を実行できませんでした」というI/Oデバイスエラーを解決するために、別のHDDにバックアップし、またはWindowsをアップグレードすることもできます。

Advanced format (4K)ディスクは二種類があります。512バイトを論理セクタサイズとして、4KBを物理セクタサイズとする512バイトエミュレーション(512e)および4KBを論理セクタサイズと物理セクタサイズとする4KBのネイティブがあります。

Windows 8、Windows Server 2012、Windows 7 w/ MS KB 982018、Windows 7 SP1、Windows Server 2008 R2 w/ MS KB、982018,Windows Server 2008 R2 SP1、Windows Vista w/ MS KB 2553708、Windows Server 2008 w/ MS KB 2553708で512バイトエミュレーションのアドバンスドフォーマット(4K)ディスクはサポートされています。

アドバンスフォーマット4KネイティブディスクはWindows 8、Windows Server 2012でサポートされています。

物理セクタサイズと論理セクタサイズを取得するには、高級コマンドプロンプトで「fsutil fsinfo ntfsinfo <ドライブ文字>」というコマンドを実行します。「Bytes per sector: 512」と「Bytes per Physical Sector: 4096」が表示されている場合は、これは512バイトエミュレーションを基づいてのアドバンストフォーマット(4K)ディスクです。 両方のラインが4096と表示されている場合は、これは4 KBのネイティブディスクです。 「Bytes Per Sector: Not Supported」が表示されている場合は、ハードドライブドライバはIOCTL_STORAGE_QUERY_PROPERTYをサポートしません。

Emulation