AOMEI Backupperで仮想マシンをバックアップする

仮想マシン(VM)を使うユーザーが少なくない、VMにシステムの再インストールのはよくあったが、その中のデータをバックアップするのは非常に必要です。

仮想マシンをバックアップする理由

サーバーが仮想化されるブームに伴い、仮想マシンのバックアップがますます重要になります。何百台の仮想マシンを管理している場合に、何かの不具合が発生したら、もしバックアップしたことがないと、数えきれない損失を受けかねません。事前にバックアップしておいたら、安心に仕事をやります。

データセンターのリソース管理は複雑です。仮想マシンを常に利用できるようにするには、迅速な障害回復と確実な回復効力を確保するためには、多くのスキルが必要です。IT管理者は各仮想サーバーを単純にコピーできない、仮想サーバーのバックアップ製品を選択する必要があります。一体、仮想マシンをどうやってバックアップしますか。バックアップツールと方法はどうですか。

仮想マシンをバックアップする3つの方法

AOMEI Backupper Standardで仮想マシンを物理マシンとしてバックアップします

仮想マシンは、仮想ハードウェアに基づいた完全なオペレーティングシステムをユーザーに提供します。実際のコンピュータとそっくりです。もちろん、VM内のバックアップソフトウェアを使用して仮想マシンをバックアップすることができます。各VMにバックアップエージェントプログラムをインストールし、ネットワーク経由で他のバックアップサーバーにデータをバックアップできます。または、データを手動でコピーするか、スクリプトを使用して別のマシンにコピーすることができます。

VMでAOMEI Backupper Standardを持って、ファイル、フォルダ、システム、パーティションとディスクをバックアップできます。増分バックアップまたは差分バックアップでイメージを作成することを対応しています。実際のパソコンと同じ、バックアップと復元を簡単に遂行できます。

VMのファイルをAOMEI Backupperでバックアップします

仮想マシンはあくまで物理パソコン上のファイルにすぎません。これらのvmdkファイルを直接バックアップするのは手間が省ける。仮想マシンを起動する必要なし、普通のファイルをバックアップすることと同じやり方で簡単にデータをバックアップできます。VMのシステムが壊れたら、vmdkファイルのイメージから復元してすみます。

backup-clone

VMのスナップショットを作成します

上記の方法以外、最も便利なのは仮想マシンのスナップショットを作成することです。作動中の仮想マシンの状態、データとハードウェアの設定を保存して、仮想マシンを簡単に前の状態に戻れます。スナップショットは一つごとにavhdという拡張子がついているファイルで格納されます。

要するには、AOMEI Backupperを使用すると、仮想マシンを簡単にバックアップできます。どちらの方法であれ、VMを迅速かつ効果的にバックアップするのに役立ち、自分の必要に応じて実行できます。仮想マシンは、外部デバイス、USBドライブ、CD/DVD、NASなどに格納することができます。これは、実際のパソコンのバックアップと同じです。AOMEI Backupper Standardをダウンロードしてください。