AOMEI Backupperでデータをネットワークドライブにバックアップする方法

ネットワークドライブへのデータバックアップの必要性

ネットワークドライブは、ビジネスやホーム内のローカルエリアネットワーク(LAN)にある記憶装置であります。ビジネスなら、ネットワークドライブは通常にサーバーやネットワークアタッチトストレージ(NAS)装置に位置します。ホームなら、ネットワークドライブは専門サーバー、NAS装置、外付けHDDまたはネットワーク接続されたコンピュータに位置します。ドライブは1つのネットワーク接続されたコンピュータに位置する場合、このコンピューターをオフにする時、他のユーザーはドライブにアクセスできません。ホームLAN上のネットワークドライブは、コンピューターリソースを使用せずにファイルの共有と保存が簡単になることができます。ドライブの容量が十分なら、それを使用して、ネットワーク上の全てのコンピューターをバックアップすることもできます。

USBフラッシュディスクと比べて、ネットワークドライブはいくつかの利点があります。ユーザーは、ネットワークドライブを介してアップロードする限り、別のコンピューターからファイルをダウンロードできます。他の例、友達とファイルを共有する時、USBフラッシュディスクは人と人の手渡しを要求しますが、ネットワークドライブはこの不具合を効率的に回避できます。ネットワーク接続があれば、ネットワークドライブは最大限に役割を果たすことができます。

AOMEI Backupper Standardの簡潔な紹介

AOMEI Backupper Standardはバックアップと復元の無料プロソフトウェアであり、ほとんどのユーザーにとって使いやすいです。それはファイル/フォルダバックアップ、システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、システム復元、ディスク/パーティション復元、ディスクパーティションクローンなどをサポートします。フレンドリーなインターフェイス(またはGUI)なので、ユーザーはバックアップと復元の一部の専門的な技術を簡単に熟せます。

ローカルデータをネットワークへバックアップする手順

AOMEI Backupperを使用するバックアップの手順は非常に簡単です。パーティションバックアップを例としましょう。ここではステップバイステップのプロセスです。

ステップ1: AOMEI Backupper Standardをダウンロードして、インストールし、起動します。メインインタフェースで「バックアップ」をクリックして、「パーティションバックアップ」を選択します。

パーティションバックアップ

ステップ2: ターゲットパーティションを選択します。必要があるなら、AOMEI Backupperは1つ以上のパーティションをチェックしてもいいです。そして、「追加」をクリックします。

ターゲットパーティション

ステップ3: 次のインタフェースはユーザーに他の場所を宛先パスとして選択するオプションを展示します。データをネットワークドライブにバックアップするために、「Share/NAS」をクリックします。

Share NASを選択

ステップ4: 「Share/NASデバイスを追加」をクリックして、小さいポップアップが現れます。ブランクでは、ターゲットネットワークドライブの正確情報を入力してください。そして、「はい」と「開始」をクリックします。進行状況が100%に達する時、全ては終了します。

正確情報を入力

要するに、データ損失を応対するために、データのバックアップはユーザーのとって必要です。データをネットワークドライブへバックアップする方法はHDDへのバックアップよりも優れます。それに、AOMEI Backupper Standardは優秀な無料ソフトウェアに間違いないです。