Windows 10/8/7でSSDをHDDにバックアップします

SSD(ソリッドステートドライブ)は機械のHDD(ハードディスクドライブ)よりはるかに速いです。今、ほとんどの人は、WindowsのOSと頻繁に使用されたアプリケーションをSSDにインストールし、定期的に使用されないデータと物を機械のHDDに維持することに慣れます。それはコンピューターの性能を最適化するのに素晴らしくて合理的なデータストレージのレイアウトです。性能は間違いなく非常に重要なものです。でも、予想外のシステムクラッシュまたはSSD障害が発生したら、SSDバックアップを作成しないならどうすればいいですか。そのため、SSDが壊れた場合、安全性は性能より重要です。換言すれば、SSDのバックアップは必要です。

どこへSSDをバックアップしますか

SSDをバックアップする時、SSDのバックアップイメージはどこに保存されるかを決める必要があります。一部のユーザーはSSDドライブをDVDまたはUSBスティックにバックアップします。どちらも理想的な場所です。上述のように、ほとんどのデスクトップコンピューターは少なくとも2つのディスクがあります。OSとアプリケーションのためのSSDです。もう一つはデータのための内蔵の機械のセカンダリHDDです。SSDバックアップイメージを保存するためになぜセカンダリHDDにパーティションを作成して、「バックアップ」という名前を付けませんか。でも大部分のノートパソコンは一つのディスクだけの空間があります。この状況で、SSDをUSBケーブルで接続された外付けHDDにバックアップできます。あるいはノートパソコンはネットワーク内である場合、ネットワークを介してSSDを他のコンピューターのHDDにバックアップできます。

HDDパーティションにSSDをバックアップする方法

多くのユーザーはSSDバックアップが複雑だと思っていますがAOMEI Backupperを利用したらバックアップの作成は無料でとても簡単です。AOMEI Backupper Standardは使いやすくて、無料バックアップソフトウェアです。インストールした後、それは作業できます。事前にバックアップの技術を了解する必要がありません。またAOMEI Backupper Standardは豊富なバックアップ機能を持っているソフトウェアで、Windows 10、Windows 8.1/8、Windows 7、Vista and XPをサポートします。バックアップ機能の他に、それはより大きいSSDにSSDをクローンすることをサポートします。

HDDにSSDをバックアップする前に:

  • 特にSSDバックアップイメージを保存するために、HDD上にパーティションがない場合、無料パーティション管理者を使用してパーティションを作成できます。
  • 外付けHDDにSSDをバックアップしたい場合、コンピューターに外付けHDDを接続して、それを検出できることを確認してください。

1. AOMEI Backupperをダウンロードして、インストールし起動します。「バックアップ」タブで「ディスクバックアップ」を選択します。もし、SSDに一つだけのパーティション(即ちCドライブ)がある場合、「システムバックアップ」も選択できます。

SSDバックアップ

2. 好きにして「タスク名」を変更できます。以下のように「1」でバックアップしたいSSDを選択して、「2」でSSDのバックアップイメージを保存するHDDパーティションを選択します。

Backup Settings

「1」をクリックした後、SSDを選択できます。それを選択するとグリーンになります。「追加」ボタンをクリックして確認します。同じ方法で、SSDバックアップイメージを保存するHDDパーティションを選択します。

Backup SSD

3. SSDとHDDのパーティションが選択された後、SSDのバックアップはほば完了しました。SSDのファイルとアプリケーションは定期的に増加し、変更されるなら、「スケジュール」をクリックしてHDDにSSDを自動的にバックアップするスケジュールを作成できます。HDDパーティションにSSDをバックアップするのを実行するために、「開始」をクリックします。

スケジュールバックアップ

ある日、コンピューターが起動に失敗するなら、ブータブルメディアを作成してHDDからSSDバックアップイメージを復元できます。実は、HDDパーティションにSSDをバックアップするのはシステムクラッシュまたはSSD障害を解決するための一つのソリューションです。また、SSDから他のSSDにOSを移行できます。それはよく壊れたSSDを代替するのに使用されます。