Windows 10/8/7で隠し回復パーティションをバックアップします

隠し回復パーティションとは

お使いのHDDを見ると、ここに持っているべき容量より小さなディスクスペースがあることを気づけるかもしれません。ディスクの管理を開いて、それを見ると、回復パーティションまたはOEMパーティションがディスクのスペースを占めることを見つけます。回復パーティションとOEMパーティションは何ですか。多くのコンピューターメーカーは少量のディスクスペースを費やす回復パーティションを作成します。特定のキーを押して、この回復パーティションはコンピューターを工場出荷時のデフォルト設定に復元できます。Windows 10/8/7をインストールする時、Windowsも回復パーティションを作成します。それはコンピューターに問題があるなら回復オプションを使用できます。Windows回復パーティションは工場出荷時の回復パーティションよりはるかに小さいです。そのため、それらを混ぜることができません。一般的に、Windows 10回復パーティションは450MBが必要ですが、Windows 8が350MB、Windows 7が200MBです。

いくつかの環境で、一時的に回復パーティションを削除する必要があるかもしれません。例えば、未割り当て領域をシステムドライブに追加したい時、隠し回復パーティションは邪魔します。この状況で、工場出荷時の設定に復元する機能がまだ欲しいなら、回復パーティションをバックアップする必要があります。また、HDDが失敗するかもしれません。工場出荷時のデフォルト設定に回復したいユーザーにとって、回復パーティションのバックアップは必要です。

回復パーティションバックアップを作成する方法

Windowsの内蔵バックアップツール-バックアップと復元はバックアップにドライブ文字を持っているパーティションだけを含むことができます。回復パーティションはデフォルトでドライブ文字なしに隠れるので、バックアップと復元を使用して、工場出荷時の回復パーティションをバックアップできませんが、Wbadminを使用して、コマンドラインからバックアップを実行できます。それはボリュームGUIDを使用して隠し回復パーティションを指定します。

Wbadminでバックアップします:

1. 管理者権限を使用して管理者特権のコマンドプロンプトを開きます。

2. バックアップのために、以下の構文を参考して、コマンドを書きます:

Wbadmin start backup –backuptarget:[backup location] –include:[drive letter or volume GUID]\\?\Volume{95b895b8-0000-0000-0000-40f30d000000}\

ボリュームGUIDを知らないなら、「mountvol」コマンドを実行します。

例えば、Wbadmin start backup –backuptarget:G: –include:\\?\Volume{95b895b8-0000-0000-0000-40f30d000000}\

隠し回復パーティションをバックアップ

コマンドを実行した後、Wbadminはすぐにバックアップを開始します。それはとても便利そうですが、もし回復パーティションまたはバックアップターゲット場所のパーティションはNTFSでフォーマットされない場合、バックアップが失敗する結果を導くエラーを取得します。この状況で、サードパーティ製の無料バックアップソフトウェアを使用する必要があります。

AOMEI Backupperで回復パーティションをバックアップする方法

AOMEI Backupper Standardは無料Windowsバックアップツールです。それはHDD上の任意のファイル、パーティションをバックアップし、OSだけと全体HDDをバックアップすることができます。それは直感的なインターフェイスを提供して、数回のクリックでバックアップを実行できます。また、AOMEI Backupperはパーティションクローンの機能も提供します。そのため、回復パーティションを外付けHDDまたはネットワークドライブなどの他のストレージデバイスにイメージなしでコピーします。その手順を見てみましょう:

1. このWindows向けのバックアップソフトウェアをダウンロードして、インストールし、開きます。

2. 「バックアップ」タブで「パーティションバックアップ」を選択します。

パーティションバックアップ

3. そして「1」をクリックして、「回復パーティション」を選択します。

回復パーティション選択

4. 「2」をクリックして、バックアップイメージを保存する宛先パスを指定します。それはWindowsエクスプローラで検索できる任意の場所を選択できます。

ステップ2

5. 暗号化、電子メール通知などのより多いオプションが必要なら、「オプション」ボタンをクリックできます。同じスクリーンで、タスクをビューして、「開始」をクリックします。バックアップジョブが始まります。

開始

短い時間で、AOMEI Backupperは隠し回復パーティションをバックアップします。それはブータブルメディア(USBドライブまたはCD/DVDを使用する)を作成して、HDDにシステムがなくても回復パーティションを回復できます。