他の外付けHDDに外付けHDDをバックアップします

概要

時には、より良い保護のために重要なデータまたはWindowsを外付けHDDにバックアップします。HDDはストレージデバイスとして使用されている時、他の外付けHDDに外付けHDDをバックアップするのは重要なことそうです。例えば、新しく買った1TB外付けHDDに写真を保存して、いつかHDDが障害し、またはコンピューターがクラッシュすることを回避するためにこの新しいドライブを他の外付けハードディスクにバックアップするつもりです。更に、手動でバックアップすることをよく忘れるので、外付けHDD上の定期的なバックアップはより良いです。ディスクスペースを節約するために変更されたデータだけをバックアップする増分バックアップを実行したほうがいいです。バックアップイメージを暗号化できれば、よりいい感じになれます。

他の外付けHDDに外付けHDDをバックアップする方法

Windowsの内蔵バックアップツールを使用して、外付けHDDに外付けHDDをバックアップしてみる時、それは外付けHDDへのバックアップをサポートするが、外付けHDDからのバックアップをサポートしないことを気づけます。Windowsツールで外付けHDDにシステムバックアップイメージを作成し、またはファイルをバックアップできますが、この方法は私のスタイルではありません。

幸いなことに、AOMEI Backupper standardというOS(Windows 10を実行しています)向けの便利なバックアップソフトウェアを見つけます。それもWindows 7/8XP/Vista向けの無料ツールです。このソフトウェアはユーザーフレンドリーインターフェイスを持って、コンピューターの知識がほとんどない人のためにデザインされます。また、このツールはスケジュールバックアップをサポートします。それは数回のクリックで手間を省きます。更に、それはシステムバックアップ、システムクローン、ディスククローン、パーティションクローン、外付けhddへのクローンなどの有用な機能を沢山持っています。私は、外付けHDDに写真、ドキュメント、個人的なファイル、ビデオと音楽を保存します。この状況でディスクバックアップを選択します。

AOMEI Backupperで他の外付けドライブに外付けドライブをバックアップします

まず、私のPCに2つのHDDを接続します。そして、AOMEI Backupper standardをダウンロードして、インストールし、開きます。「バックアップ」のディレクトリで「ディスクバックアップ」を選択します。

ディスクバックアップ

1TB外付けHDDをソースディスクとして選択します。

ソースディスク選択

他の外付けHDD E:\を宛先HDDとして選択します。

宛先ディスク選択

今は、定期的なバックアップと増分バックアップを設定する時間です。「スケジュール」ボックスをチェックして、計画された時間と増分バックアップを設定します(ウィンドウを開いた後、増分バックアップはデフォルトで設定されることを気づけます)。

定期的なバックアップ

増分バックアップ

「オプション」をクリックして、バックアップイメージを暗号化します。

暗号化

最後、「開始」をクリックして、仕事を中断せずに外付けHDDをバックアップできます。

他の外付けHDDに外付けHDDをバックアップするのは普通ではありません。それは信頼性がある無料バックアップツールを見つけるなら問題ではありません。AOMEI Backupper standardはコンピューターバックアップのほとんどのニーズを満たします。先週で、このソフトウェアのチュートリアルで異なるハードウェアにWindows 10バックアップを保存します。今までもこのシステムはよく動作できます。

Windows Serverユーザーである場合、AOMEI Backupper Serverは適切です。この高度なエディションは外付けHDD上のバックアップイメージをマージでき、ストレージスペースを便利に管理できます。また、コマンドラインバックアップおよび復元を行えます。