外付けHDDにファイル/フォルダを自動同期するフリーソフト

無料ソフトAOMEI Backupperを使用すると、ファイル/フォルダを外付けHDDに自動的に同期させることができます。同期スケジュールを設定したら、プログラムが同期を開始する前に外付けHDDをPCに接続することを忘れないでください。

なぜ外付けHDDに自動同期する必要がありますか?

同期はファイル/フォルダを複数の場所に最新の状態に保つことができます。つまり、外付けHDDにファイル/フォルダを同期すると、外付けHDDのファイル/フォルダは、新しく作成されたものとは関係なく、ラップトップのファイル/フォルダと同じに保つことができます。この方法では、外付けHDDに最新のコピーを保存しながら、毎回両面を更新する必要はありません。

さらに、外付けHDDとの自動同期をサポートするAOMEI Backupper のような無料ソフトにより、作業がはるかに簡単になります。たとえば、外付けHDDをPCに接続し、AomeI Backupperを使用してリアルタイム同期を実行すると、プログラムはリアルタイムで同期を必要とするソースディレクトリを監視し、変更をただちに外付けHDDに同期させます。また、AOMEI Backupperを使用すると、日、週、および月の正確な時刻にファイル/フォルダを外付けHDDに自動同期することができます。AOMEI Backupper Professionalにアップグレードすると、イベントトリガ同期が利用可能になります。

無料AOMEI Backupperと自動同期する方法は?

なぜ外付けHDDにファイル/フォルダを自動的に同期させる必要があるのか理解しているし、AOMEI Backupperが素晴らしい同期ソフトであることを知っているので、ファイル/フォルダを外付けHDDにファイル/フォルダを自動同期する方法を紹介します。

1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールして起動します。

2. 「バックアップ」タップ下の「同期」を選択します。

同期

3. このウィンドウで、「フォルダを追加」をクリックして、同期が必要なコンピュータ上のフォルダを選択します。その後、外付けHDD上のフォルダーをコピー先の場所として選択します。「スケジュール」をクリックします。

設定

4. ポップアウトウィンドウでは、外付けHDDと自動同期するスケジュールを設定できます。最後に、「開始」をクリックします。

スケジュール

ヒット 日/週/月の指定された時間にタスクを実行するように設定したり、イベントトリガ同期を実行するように選択した場合は、ジョブが開始する前に外部HDDをプラグインする必要があります。リアルタイム同期を実行するには、外付けHDDをコンピュータに接続する必要があります。

AOMEI Backupper強力なソフトウェアですが、外付けHDDへの自動同期を除いて、外付けHDDに複数PCを自動バックアップやシステムのクローン作成、ディスクのクローン作成、パーティションのクローン作成などに使用できます。