解決: Windows サーバーバックアップスケジュールが実行されていない

徴候

Windows Server 2008/2012/2016で、定期的にデータのバックアップの為、 スケジュールバックアップ を作成 します。しかし、 Windows サーバー バックアップスケジュールが思った通りに実行されていま せん。バックアップを手動で開始すると、順調に実行されます。この文章では、問題を解決する方法が 書いてあります。

原因

Windows スケジュールバックアップが実行されていない理由は沢山あります。ターゲットのバックアッ プ場所でデータの記入が使用できない時、スケジュールバックアップは失敗します。 ボリュームシャ ドウサービス、他の関連サービスは自動モードか実行モードに設定されなければ、スケジュールバック アップは起動できなくなります。もしタスクスケジューラを使用してWindows サーバーバックアップを実行するなら、タスクスケジューラサービスまたは設定はスケジュールバックアップの失敗の原因になるかもしれません。

解決方法

この問題を解決するのには、以下を読んでください。

1. もし外付けハードドライブまたはネットワーク共有にバックアップ したければ、宛先場所がよく接続されているし、データを記入する許可を持っていると確認します。

2. 実行ボックスで「services.msc」を入力して、「 Enter」をクリックしてservicesを開きます。そして、Windows サーバー バックアップサービスとボリュームシャドウサービスを検索してきて、起動の種類を自動起動に変更します。

3. その後、スケジュールバックアップが前のように開始していないです。wbadmin のバックアップコマンドを書くまたは、スクリプトバッチファイルを作成することができます。そして、タスクスケジューラでそれを実行します。

4. タスクスケジューラを使用してスケジュールバックアップを実行してから、やはり失敗した人は、 タスクを手動で開始してそれが働くかと確認するできます。もしバックアップされたら、ユーザーがロ グオンしているかどうかにも関わらず、タスクスケジューラサービスが自動モードに設定されて、タス クが実行モードに設定されるかどうかチェックすることができます。手動で開始した後、失敗したら、 wbadminコマンドが正しいかと確認する必要があります。

代替のバックアッププログラム

もしすべての手順を試行してから、Windows サーバーのスケジュールバックアップがまだ失敗したら、Windows サーバーバックアップの代わりに、他のサーバーバックアッププログラム を使用してスケジュールバックアップを実行できます。AOMEI Backupper サーバーはユーザー向けの最高の選択だと思います。なぜなら、そのソフトウェアは自分のサービスまたは Windows タスク スケジューラでスケジュールバックアップの実行をサポートし、バックアップイメージを保存する場所には制限がないからです。さらに、多様のバックアップ技術を提供します。どんなバックアップしても、そのソフトウェアでできます。

AOMEI Backupper でスケジュールバックアップを作成する:

1.このソフトウェアをダウンロード し、実行します。システムはより便利で、システムバックアップは、例とされて、動作方法を教えてくれます。

2. 直感的なインターフェイスをもたらします。「バックアップ」をクリックし、「システムバックアップ」に移動します。

システムバックアップ

3. 見ている通りに、必要なパーティションを「ステップ 1」に含まれています。「ステップ2」をクリックするだけで、バックアップを保存する宛先場所を指定することができます。

宛先

4. その後、「スケジュール」をクリックして、スケジュールはバックアップを実行する時間を決定す るようになります。増分バックアップでスケジュールバックアップが実行されます。それを変更する場 合は、「詳細設定」をクリックして配置します。

スケジュール

5. システムバックアップ画面に戻るし、バックアップタスクを確認します。問題がない場合、「開始 」をクリックして、スケジュールバックアップをを追加し、実行します。願い通りに、スケジュールバックアップで、ディスクスペースの管理 は古いバックアップを自動的に削除することもできます。また、メール通知、暗号化のような多くのバックアップオプションがあります。したがって、Windows サーバーバックアップスケジュールが実行されないという問題を解決することはできない場合は、AOMEI Backupper は最良の選択だと思います。