Windows Server バックアップ保存方針

保存方針について

Windows Server バックアップでサーバーやファイルをバックアップするのに、バックアップ実行してから、まだ疑問を持っている人が多いです。なぜWindows Serverバックアップは、増分バックアップを設定されても、実行できません ?なぜバックアップドライブに保存されているバックアップが一つしかありません?なぜバックアップディスク容量はなくなります?以上の問題を解決するには、Windows Server バックアップ保存方針を理解する必要があります。Windows Serverバックアップには、新バックアップの保存容量が不足になったら、旧バックアップバージョンを削除する自動ディスク管理機能があります。保持方針とは、削除されるバックアップを確認するルールです。

保存方針の実行は?

ご存知のように、新バックアップされてから、バックアップボリュームのシャドウコピーを作成で、Windows Server バックアップはボリュームシャドウコピーにバックアップバージョンを保存します。 旧バックアップバージョンはもうシャドウコピーに保存されていて、ファイルエクスプローラーでは削除できないし、(Windows Server 2012以来)VHDファイルまたはVHDXファイルと保存された最新のバッ クアップしか見えません。Windows Server バックアップはシャドウコピーを保存するために、特定の領域を差分領域と呼ばれます。もし新バックアップ保存用のバックアップドライブの容量は不足になることがあったら、旧バックアップバージョンの自動削除、差分領域の収縮によって、容量をリリースします。それでも、差分領域がバックアップボリュームサイズの約 1/8を占める場合、 シャドウ コピーの割り当て容量の圧縮は停止になります。

したがって、バックアップは、バックアップディスク容量が不足のせいで失敗します。不幸なことに、新バックアップは旧バックアップを上書きします。、つまり、もし途中でバックアップが失敗になったら、何も残されないことです。だから、Windows Server バックアップの保存期間はネットワーク ・ バックアップを含めません。しかし、もしよりよいバックアッ プ保存方針が欲しければ、またはネットワーク ・ バックアップソリューションが欲しければ、Windows Serverバックアップの代わりに、第三者バックアップソフトウェアを使用したほうがいいと思います。

バックアップ保存方針の選択

Windows Serverバックアッププログラム――AOMEI Backupper サーバー版はシステム、ファイル、パー ティションおよびディスクをファイルエクスプローラーでの任意の場所へバックアップすることができます。そして、ニーズによって、旧バックアップ削除の五つ方法から欲しい一つを選択できます。バックアップの成敗を知らせる電子メール通知を設定することもできます。最高の体験が欲しければ、AOMEI Backupper サーバー版を使用してみてください!

1. AOMEI Backupper サーバー版をダウンロードし、起動します。

2.「バックアップ」タブの下でシステムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバック アップ、およびファイルバックアップがあります。 ここでは、「システムバックアップ」を例とします。

システムバックアップ

3. システム関連ものも自動バックアップされるので、「ステップ 2」をクリックしてイメージバック アップの保存場所を決定します。

宛先場所

4. 「スケジュール」ボタンををクリックして、スケジュール・ バックアップを作成します。そして、 バックアップ保存方針を参照して、「スキーム」ボタンををクリックして、スキーム・ バックアップを作成します。

スキームバックアップ

5.最後に、「開始」をクリックして、始めます。

開始

サーバーが深刻な状況にある場合、前の状態に戻るのは非常に簡単になります。そして!異なるハードウェアへの復元もサポートします。要するに、Windows Server バックアップ保存方針は使い難いので、AOMEI BackupperはWindows Server 2008/2012向け最高のバックアッププログラムです。