Windows Serverで仮想マシンに復元し、バックアップする

Windows サーバーバックアップでP2Vを行う

知っている通りに、マイクロソフト仮想マシンコンバーター (MVMC)では物理コンピューターを Hyper-V仮想マシン、vice versaに変換することができます。より多くの種類の仮想マシン、例えば、VirtualBox, VMwareに変換したい場合は、Windows サーバーバックアップを使用 して仮想マシンに復元することもできます。Windows サーバーバックアップは、Windows Server 2008/2012/2016のベア・メタル・バックアップを任意の仮想マシンに復元することをサポートしています。これで、ボリュームのサイズ制限を心配する必要はなくなりますし、復元プロセスで物理サーバーシステムは、よりよく仮想マシンに合わせています。そうして、よりよいパフォーマンスになります。

Windows サーバー バックアップから仮想マシンを作成する

Windows サーバー バックアップから仮想マシンを作成するには 、まずwindowsサーバーバックアップで、ソースサーバーのベアメタルバックアップを作成する必要があります。windowsサーバーバックアップはプリインストールされていなくても、 サーバー管理でインストールすることができます。ベアメタルバックアップを完了すると、ソースサーバーのイメージバックアップを宛先仮想マシンの仮想ディスクに移動します。Windows サーバーのベアメタル回復は WinPE 環境で実行されればなりません。したがって、 Windowsインストールディスクまたは ISO ファイルから、仮想マシンを起動することは必要です。

方法一:仮想マシンに物理サーバーを復元する

1. Windows セットアップがロードされると、「Install now」の代わりに「Repair your computer」を選択します。

windowsのインストール

2 指示に従い、「Restore your computer using a system image that you created earlier」を選択します。

場所の選択

3. 次の画面では、ソースサーバーのイメージバックアップを探して選択します。イメージバックアップは、ネットワーク上の場所にも使用できます。

場所の選択

4. もし必要があれば、他の復元オプションを設定することもできます。

他のオプション

5. 最後、確認画面で「Yes」をクリックして、この復元を開始し、完了することを待ちます。

前述のように、この方法を使用して物理サーバーに hyper-v 仮想マシンを復元できます。ただし 、復元を実行する中、物理サーバで仮想マシンの作成が失敗した場合には、エラーの発生も、イメージバックアップの検索できないことも可能です。もしこのような問題が起こるのなら、または手順が複雑すぎると思えば、より簡単、より信頼性の高いサーバーバックアップ ツールを使用できます。

方法二:ソフトAOMEI Backupperで仮想マシンにWindows Serverを復元する

AOMEI BackupperはWindowsサーバーバックアップと異なり、バックアップと復元についての全然違う体験をユーザーに与えられます。このソフトウェアは絶対に簡単かつ迅速です。そして、 hyper-vでバックアップで仮想マシンの復元を行うことは、このプログラムで物理マシンを楽に復元することと同じ道理です。もしWindows サーバー バックアップを使用すれば、ソースサーバーのシステムバックアップを作成する必要もある一方、起動可能なメ ディアは必要がありません。

1. 仮想マシンでAOMEI Backupper Server をダウンロード し、起動します。 必要あれば、ブータブルメディアから宛先サーバーを起動することもできます。

2. メインインターフェイスで 「復元」 ボタンをクリックします。

メイン コンソール

3. 次の画面で、「パス」をクリックして準備済みのバックアップイメージを選択します。

バックアップポイント

4. その後、「次へ」をクリックして、続けます。最後の画面で「開始」をクリックして、復元を開始します。

開始

Windows Server バックアップよりこのソフトウェアを使用すれば、復元にはかかる時間が少なくなります。そして、Windows Serverバックアップで仮想マシンにバックアップし復元するほか、 AOMEI Backupper サーバーも実行できます。さらに、バックアップ/復元以外にも、「ディスククローン」機能を提供します。