Windows Serverバックアップが失敗する‐データを読み取っていて、お待ちください

症状

サーバーでWindows Serverバックアップをインストールした後、初めてのバックアップを作成する為に、これを開こうとしたら、全て得られることは「Windows Serverバックアップが失敗します‐データを読み取っていて、お待ちください」ということです。いくつかの時間を待っても、ロードできません。この問題はWindows Server 2008/2008 R2とSmall Business Server 2011で発生したこたがあります。このエラーがある場合、心配しないで、次の記事に適切なソリューションが見つかれるかもしれません。

可能な理由と対策

一般的に、一部のサービスが仕事に失敗するによって、Windows Serverバックアップがずっとデータの読み取りエラーにハングします。しかし、この問題を起こす特別な原因を検出しにくいです。だから、エラーを修正する為に1つまたはそれ以上のステップを試すことが必要です。

  • 管理者として、Windows Serverバックアップアプリケーションを実行します。
  • グラフィックバックアップアプリケーションを実行する代わりに、WBadminコマンドを使用して、バックアップします。グラフィックアプリケーションだけがロードに失敗しますが、バックアッププログラムが正常に動作しますかもしれません。
  • Windows検索、ボリュームシャドウコピー、およびCOM+システムアプリケーションサービスを再起動して、違いがあるかどうか確認します。
  • Windows Serverバックアップの「お待ちください」という問題を起こす1つの理由として、もう証明されたSQL Server VSS Writerサービスを無効にします。
  • 最後の方法は、全部のことを再起動させるために、サービスを再起動することです。

サーバーを切れないまたは5つのステップの後、効果がない場合、対策としてサードパーティ製のバックアップソフトウェアに切り替えることができます。

サーバーバックアップソフトウェア‐AOMEI Backupper Server

AOMEI Backupper Serverはバックアップと復元のツールで、Windows Server 2008/2008 R2/2011/2012/2012 R2を含めほとんどのWindows ServerOSをサポートできます。システム、ディスク、パーティション、ファイルとフォルダをバックアップに含むことができます。フル/増分/差分バックアップを実行する複数のスケジュールバックアップタスクを設定することができます。自動ディスクスペースの管理があるので、バックアップディスク容量不足についての心配が全然必要ではありません。Windows Serverバックアップがロードの時ハングしたら、AOMEI Backupperで、windows Serverをバックアップすることができます。

1. 30日間無料体験版をダウンロードして、このサーバーバックアップソフトウェアを実行します。

2. 「バックアップ」タブで、「システムバックアップ」をクリックします。サーバー全体のハードドライブをバックアップする必要がある場合、「ディスクバックアップ」を選択します。

バックアップタブ

3. 「システムバックアップ」は自動にサーバーシステム復元についての必要な項目を選択しますが、「2」をクリックして、イメージバックアップを保存する宛先場所を選択します。

宛先場所を選択

4. スケジュールバックアップが必要である場合、「スケジュール」ボタンをクリックして、指定します。全ての設定が完了した後、「開始」をクリックします。

Start Backup

短い時間に、AOMEI Backupperは、サーバーのシステムイメージバックアップの作成を終了します。システムバックアップで、サーバーを元に復元するまたは異なるハードウェアに復元することができます。AOMEI Backupperは簡潔なインターフェイスがあって、ロードは素速いです。Windows Serverバックアップの「データを読み取って、お待ちください」という問題を解決できない時、Windows Server バックアップの代替として、AOMEI Backupperは最も良い選択です。