Windows Serverでマップされたネットワークドライブのバックアップを取る方法

この記事では、Windows Server 2008 (R2)/2012/2016でマップされたネットワークドライブまたはNASを簡単かつ迅速にバックアップする最善の方法を紹介します。

Windows Server標準バックアップツールでマップされたネットワークドライブをバックアップできる?

Windows Server Backup(Windows Server バックアップ)機能とは、Windows Server 2012、2008 R2などWindowsサーバOSに標準搭載されているバックアップツールです。サーバのためにイメージバックアップ(フルバックアップのみ)をネットワーク共有フォルダーに作成できます。ところが、マップされたネットワークドライブをバックアップ対象として選択できますか?

Windows Server標準のバックアップソフト「Windows Server バックアップ」の場合は幾つかのデメリットがあります。例えば、バックアップ項目リストでネットワーク上の共有フォルダーとNASを選択できませんが、ローカルドライブだけを選択できます。そのため、Windows Server バックアップ機能を使用して、マップされたネットワークドライブをバックアップできません。

上述したように、マップしたネットワークドライブのバックアップはちょっと複雑です。この問題を解決するために以下は2つの対処方法を提供します。一つはサードパーティー製のバックアップソフトを導入することです。もう一つはエクスプローラにローカルドライブとして表示できるVHD/VHDXファイルを作成してからWindows Server バックアップサービスを起動してネットワークドライブに増分バックアップを作成することです。

専門ツールでマップされたネットワークドライブをバックアップする

AOMEI Backupper ServerはServer 2003、Server 2008、Server 2012とServer 2016などWindowsサーバOSのためにデザインされたバックアップ&復元の専用ソフトです。これは増分および差分でマップされたネットワークドライブをバックアップできるし、マップしたネットワークドライブのスケジュールバックアップにも対応します。実際に、ローカルのフォルダにネットワークドライブを割り当てなくても、ネットワーク共有フォルダーまたはNASから直接バックアップすることもできます。次は、Windows Server 2008 (R2)でマップされたネットワークドライブのバックアップを作成することを例として、詳細手順を見てみましょう。

1. お使いのサーバにAOMEI Backupper Serverをインストールして起動します。「バックアップ」タブ→「ファイルバックアップ」をクリックします。

ファイルバックアップ

2. 「フォルダを追加」をクリックします。

フォルダを追加

3. 「ブラウズ」をクリックしてマップされたネットワークドライブ(エクスプローラにドライブとして表示されますが、ほとんどの場合、それはフォルダである)を追加します。「フィルタオプション」はバックアップの時に特定の拡張子のファイルを除外または包含することができます。

ブラウズ

4. 「2」で他の場所をバックアップ先として選択します。ローカルディスク、外付けHDD、NASとクラウドなど使用可能です。

バックアップ先の追加

5. 「オプション」をクリックしてイメージファイルをパスワードで暗号化したり、「スケジュール」をクリックしてスケジュールバックアップを設定したりすることができます。

スケジュール

※また、「スキーム」をクリックしてバックアップ先のディスクスペースを管理することもできます。

スキーム

6. 「開始」をクリックしてスケジュールを追加して今すぐバックアップするか、または次回スケジュールされた時間にバックアップを実行します。

開始

ヒント:

  • デフォルトで、AOMEI Backupperは増分バックアップを行いますが、最初の時にフルバックアップが作成されます。

  • スケジュールでデイリー、ウィークリー、マンスリー、イベントトリガーおよびリアルタイム同期は使用可能です。

  • 手順3でパーティションバックアップを実行することがオススメである場合、このアドバイスを無視してください。そういう方法でバックアップするドライブが見つからないためです。

  • 上が述べた方法はWindows Server 2012でマップされたネットワークドライブをネットワーク共有フォルダにバックアップすることにも適用されます。

Windows Serverで増分バックアップをネットワーク共有フォルダに作成する

ご存知のように、Windows Server バックアップ機能は共有フォルダーに一つだけのバックアップを保持するためにデザインされているので、フルバックアップのみをリモート共有フォルダーに作成できます。つまり、ネットワークドライブに増分バックアップを作成できません。この問題を解決するために、増分バックアップを行う前に以前のバックアップを削除してからVHD/VHDXファイルを作成することができます。或いは、他のバックアップツールを使用することもできます。

Windows Serverの「ディスクの管理」でVHD/VHDXファイルを作成できます。エクスプローラでこれらのファイルをローカルドライブとして表示できます。

  1. 1. 「ファイル名を指定して実行」ボックスに「diskmgmt.msc」と入力して「ディスクの管理」を開きます。

  2. 2. 「操作」をクリックして「VHDの作成」を選択します。

  3. 3. ネットワークの場所と仮想ハードディスクのサイズを入力して「OK」をクリックします。

  4. 4. 新しく作成されたディスクを右クリックして「ディスクの初期化」を選択します。

  5. 5. 「新しいシンプルボリューム」ウィザードに従って新しいパーティションを作成します。

  6. 6. すると、Windows Server バックアップを起動してネットワークドライブをバックアップ項目として選択します。

ヒント:もっと詳しい情報について、Windows Serverで増分バックアップをネットワーク共有フォルダに作成する方法を参考にしてください。

結論

Windows Server バックアップはマップしたネットワークドライブのバックアップに失敗する時、なぜ他の信頼性の高いバックアップソフトを使用しませんか?この記事で紹介されたソフトウェアはファイルバックアップだけでなく、システムバックアップ、ディスクバックアップ、システムクローン、ディスククローンなどの機能もできます。サービスプロバイダである場合、AOMEI Backupper Technicianを使用して企業や個人に有料技術サービスを制限なく提供することができます。