Windows Server バックアップのソフトでHyper-Vをバックアップする

仮想マシン(機械)で[Windows Server バックアップ] を作動させる方法

Windows Server 2008 と 2008 R2のバックアップ では、[Windows Server バックアップ] でHyper-Vを増分バックアップすることは複雑ですし、制限が付いています。Hyper-V仮想マシンをバックアップするには、[Windows Server バックアップ] でMicrosoft Hyper-V VSS Writerを登録する必要がありますがちょっと面倒くさいと思わないですか?そして、Hyper-V仮想マシンのバックアップを簡単にさせるために、HDD上のHyper-Vフォルダーをバックアップする人もいますが、そのHyper-V仮想マシンのバックアップを復元してから、作動しなくなる可能性があります。幸いなことに、Windows Server 2012で[Windows Server バックアップ] はHyper-V仮想マシンのバックアップをサポートできます。唯一の注意すべきことはバックアップする前に、バックアップしたいHyper-V仮想マシンのアイテムをよくチェックすることです。さらに、スケジュール(定期)バックアップを作成して仮想マシンを自動的にバックアップすることもできます。

Hyper-V仮想マシンをバックアップする方法

[Windows Server バックアップ] はWindows Serverでプリインストールされていませんから、hyper v をバックアップする前にサーバーマネージャーの機能の追加ウィザードで選択できる[Windows Server バックアップ]をインストールする必要があります。増分バックアップを行うなら、[バックアップスケジュール]は定期的に実行されます。そして[バックアップパフォーマンス最適化]Optimize Backup Performanceでスケジュールバックアップの設定を変更できます。

Windows server 2012でHyper-V仮想マシンをバックアップする:

1.[Windows Server バックアップ]を開き、[バックアップスケジュール]をクリックして自動バックアップを構成します。

2. [バックアップスケジュール]ウィザードに入り、[Select Backup Configuration]の画面では[Custom]を選択してバックアップしたいHyper-V仮想マシンと他のファイルを選択します。

3.次の画面では、「Add Items」をクリックしてバックアップしたいHyper-V仮想マシンを含むアイテムを追加しバックアップします。

アイテムを追加

4. その後、バックアップを実行する時刻を指定します。日単位のバックアップタスクまたはより頻繁のバックアップタスクをスケジュールできます。

5. 作成先の種類を指定します。専用のハードディスク(HDD)にも、ボリュームにも、共有ネットワークフォルダーにもバックアップできます。

作成先の種類

6.  [バックアップスケジュール]を確認し、[完了]をクリックします。

もしネットワーク上の場所にhyper-vホストをバックアップするなら、毎回のhyper-vバックアップは前のhyper-vバックアップを上書きします。そしてそれは完全バックアップとして構成されます。もし何かが間違えたら、前のhyper-vバックアップと今のhyper-vバックアップはすべてなくなってしまいます。より信頼性の高い、より簡単なhyper-Vバックアップソフトがほしいユーザーにとって、最三者ソフトウェアAOMEI Backupper Serverは以上の問題を楽に解決できます。

AOMEI BackupperでHyper-Vをバックアップする

簡潔明瞭のインターフェイス付きのAOMEI Backupper Serverでは簡単かつ高速にHyper-V仮想マシンをバックアップ、リカバリーできます。Hyper-VでAOMEI Backupper Serverをインストールしてバックアップ、リカバリーを行うことができます。そして仮想マシンのイメージを物理コンピュータに復元、物理コンピュータのイメージを仮想マシンに復元をサポートできます。

AOMEI BackupperでHyper-Vをバックアップする:

1.Hyper-Vで このソフトウェアをダウンロード、インストールおよび起動します。

2.メインインターフェイスで[バックアップ]をクリックし、[システムバックアップ]をクリックします。[ディスクバックアップ]、[ファイルバックアップ]および[パーティションバックアップ]を選択することもできます。

 

システムバックアップ

3. [システムバックアップ]なら、プログラムが自動的にシステム関連のパーティションをソースバックアップとして選択します。すべきことは[2]をクリックしてバックアップイメージを保存する場所を指定することです。

イメージを保存

4. [スケジュール]オプションをクリックしてバックアップを実行する時刻を指定します。AOMEI BackupperはWindows Server Backupと同じ、最初の完全バックアップ後に増分バックアップを既定に実行できます。

時刻を指定

5. すべてのhyper vバックアップの設定が行われてから、[開始]をクリックして。このhyper vバックアップの作成を完了します。

さらに、AOMEI Backupper Serverは、前のバックアップを自動クリーンアップする、 電子メール通知を有効にする、暗号化するなどの他の多くの機能を持っています。要するに、AOMEI Backupper でHyper-V仮想マシンのWindows サーバ増分バックアップを作成することができます。