Windowsサーバーバックアップは2TBのボリューム以上で働けるか?

Windowsサーバーバックアップは2TB以上のボリュームをサポートしない

Windows server 2008 または2008 R2でWindowsサーバーバックアップ(WSB)を使用してバックアップする場合に、2TB以上のボリュームをバックアップできないです。この問題はSmall Business Server 2011とWindows Home Server 2011にもあります。ソリューションを探し出すには、WSBがバックアップファイルを保存する方法を理解しなければなりません。

BKFファイルの代わりに 、Windowsサーバーバックアップは仮想ハードディスク(VHD)ファイルにバックアップします。バックアップで各VHDファイルに一つのボリュームがあります。VHDファイルバックアップが作成されると、ディスクの管理でそれをマウントすることができます。

そして、バックアップされたボリュームの細目がすべて見えます。ただし、VHDファイルには2TBのファイルサイズ制限がありますから、2TB以上のボリュームはバックアップできません。Windows Server 2012 でマイクロソフトは、損失なしで2TB 以上のWindowsバックアップを保存するVHDXファイルを紹介したことがあります。

2TB以上のボリュームのバックアップを避ける方法

方法一:Windowsサーバーバックアップ(WSB)―コマンドプロンプト

Windows Server 2008 R2またはWindows Serverの最近のバージョンを実行している場合に、ボリュームの代わり、バックアップはファイルとフォルダーを含めます。もし大きいボリュームにあるファイルとフォルダーを多くチェックするのなら、コマンドプロンプトからWBadminを使用してバックアップを作成することができます。

高級コマンドプロンプトを開くには、[スタート]ボタンを右クリックし、コマンドプロンプト(Admin)を選択します。2TB以上のボリュームをバックアップする必要があるのはF:driveです。ドライブレターGでそれを外付けハードドライブにバックアップしたければ、以下のコマンドを使用することができます。

Wbadmin start backup -backuptarget:G: -include:f:\download -quiet

そして、

wbadmin start backup -backuptarget:G: -include:f:\* -exclude:download -quiet

「-quiet」スイッチはプロンプトがなく、バックアップを実行することを意味します。でも、それにもかかわらず、Windows Server 2008のWSBでは、ボリュームを選択してバックアップすることがしかできません。したがって、Windows Server 2008でバックアップ機能を実行する唯一の方法は、ボリュームを圧縮して、ボリュームをすべて2TB以下にさせることです。ただし、このWindowsサーバーバックアップの2TBの制限を回避する方法に満足していないと思えば、サーバー向けバックアップの最三者ソフトウェアに切り替えることができます。

方法二:Windowsサーバーバックアップソフトウェア―AOMEI Backupper

もしいろんなWindowsサーバーバックアップツールに飽きてしまえば、AOMEI Backupper ServerはWSB向け最良の選択だと思われます。なぜなら2TBのバックアップ制限を持っていないからです。WSBと比べると、多くのストレージデバイスとNTFS、FAT32、ExFATを含むファイルシステムをサポートしているし、ボリューム全体ではなく、システム、ディスク、パーティション、ファイルやフォルダーを別々に選択してバックアップすることもできます。そしてただ1つのスケジュールバックアップではなくて、多様なスケジュールバックアップタスクを維持する能力ももたらします。さらに直感的なインターフェイスで、バックアップジョブを楽に作成できます。

1. サーバーバックアッププログラムをダウンロードし、インストールし、起動します。

2. 「バックアップ」タブをクリックし、必要なバックアップの種類を選択します。ここでは、「システムバックアップ」を例として選択します。

バックアップのタブ

3.「システムバックアップ」について、自分のアイテムを追加する必要はありません。「2」をクリックして、宛先のパスを指定してイメージバックアップを保存します。ファイル管理にある利用できる任意の場所は、宛先場所に設定できます。

宛先場所の選択

もし必要があれば、フル/増分/差分バックアップ で「スケジュール」ボタンをクリックして、「スケジュールバックアップ」を設定します。後、「開始」をクリックしてバックアップを始めます。

開始

ソフトAOMEI Backupper のバックアップは高速かつ安全です。そして、サーバーに問題がある場合に、サーバーを復元するまたは異なるハードウェアに復元するというWindowsサーバーシステムイメージバックアップの機能もあります。他に、Windowsサーバーは2TB以上のボリュームをバックアップすることができます。AOMEI Backupper はまたシステムクローン、パーティションクローンやディスククローンでサーバーにデータを移動する機能を提供します。