Windows Server バックアップ電子メール通知を有効にする方法

Windows Server バックアップ電子メール通知を有効にする!

Windows Server は常に会社で使用されるOSの一つです。会社にとって、データは会社興亡に繋がる大切なものなので、データ保護は重要なことになります。そして、システムクラッシュになる原因はたくさんあります。システムスラッシュが起こったら、企業に大損失をもたらします。こんなことを予防するには、Windows Server バックアップ作成をしょうとそう思うユーザーが多いです。これで、データ損失、システムクラッシュがあったら、バックアップファイルを元の状態に戻って損失を最小限にすることができます。Windows Serverバックアップ完了を確認するため、電子メール通知を設定して、迅速に結果を受けられます。WindowsServerにはWindows Server バックアップと呼ばれる内蔵バックアッ プツールがありますが、バックアップ電子メール通知を設定することができません。では、Windows Server バックアップ電子メール通知を有効にする方法はなんですか?

Windows Server バックアップ電子メール通知を有効にする方法

Windows Serverバックアップおよびメール通知を有効にするには、機能、価格、可用性からみて、第三者バックアップソフトウェアーーAOMEI Backupperは一押しのものです!このソフトウェアの中で Windows Server 2003, 2008, 2012 (R2), SBS 2003, 2008, 2011やWindows PC システムに適したバー ジョンーーAOMEI Backupper Server(サーバー版)は、Windows Server バックアップ電子メール通知の問題を解決できます。では、操作手順を見てみましょう!

ステップ 1. AOMEI Backupper Server(サーバー版)をインストールし、起動します。ブルーインターフェイスで「バックアップ」をクリックして、バックアップタイプを選択します。ここでシステムバックアップを例とします。

バックアップ

ステップ2. システムバックアップページに移動します。ステップ2をクリックするだけで、宛先場所に して、バックアップを格納します。ここで電子メール通知を有効にするには、「バックアップオプション」をクリックしてください!

メール通知

「バックアップオプション」をクリックしたら、もっと多くの設定ができます。[普通]では、操作コメ ントがあるし、バックアップ暗号化、電子メール通知を有効にする機能もあります。「電子メール通知 を有効にする」をチェックして「はい」をクリックします。

通知有効

ステップ 3. 以下の画像のように、「おメールボックスと電子メールサーバを設定するには、タイトルバーの「オプション」をクリックしてから「通知」を選択します」が出てきます。以下の赤付きのボタンをクリックし、「オプション」を選択します。

設定

オプションを開くと、「通知」をクリックして、「電子メール通知を有効にする」をチェックして、ブランクにメールアドレスを入力します。電子メール通知を確保するための2 つのモードを提供します。使用する前に、テスト送信をします。モード1は失敗したら、モード2で送信します。このページの下で 「通知オプション」が見えます。操作は完全にできたとか、操作はできなかったとか、ユーザーとの対話が必要な場合とかなんてメールが届く場合、「通知オプション」を設定できます。完了してから、「はい」をクリックします。

通知

そして、バックアップページへ戻ります。もしWindows Server自動バックアップを作成する必要があれば、「スケジュール」をクリックして設定することができます。もしバックアップスキームを設定する必要があれば、「スキーム」をクリックして設定することができます。

ステップ 4.[開始] をクリックして、始めます。バックアップは出来たら、「完了」をクリックします。以上の操作は非常に役立ちます。

そのほか、AOMEI Backupperは、システム復元ファイル同期などの機能も提供します。では、ダウンロードして使用してみてください!