Windows Serverバックアップディスク領域不足のソリューション

ディスクの自動ストレージ管理はどのように働く

Windows Serverバックアップ(WBS)は、自動的に古いバックアップを削除して、ディスク領域を解放できるディスクの自動ストレージ管理を使用します。理論的に、Windows Serverバックアップディスクは領域不足の理由がありません。しかし、理論は実践ではありません。バックアップディスクは十分でないのでバックアップは失敗だということを見つけるかもしれません。スペースを解放する為に、WSBは、スナップショットの割り当て領域を縮小し、対応するバックアップを削除します。WSBは、スナップショットの領域がターゲットディスクサイズの1/8ぐらいになるまで、スペースを縮小します。そして、バックアップディスクの領域不足が見つかります。

バックアップディスク領域不足のソリューション

Windows Serverバックアップディスクの自動ストレージ管理が無効ですから、バックアップディスクが領域不足の時、も一度スケジュールバックアップを実行する為に、より大きなディスクをバックアップディスクとして追加し、または新しいバックアップを作成する為に、手動でディスクスペースを解放することができます。Windows Server 2012や後のWindows Serverバージョンはwbadminのバックアップ削除コマンドを使用して、1つや複数のバックアップを削除することができます。構文はWBADMIN DELETE BACKUP -keepVersion:<No. of copies> -BackupTarget:<VolumeName>です。しかし、Windows Server 2008/2008 R2はWBadminで、システム状態バックアップだけを削除することができます。もし、バックアップディスクの容量を占めるのはシステム状態バックアップじゃないなら、コマンドラインから、いくつかのスナップショットを削除することができます。スナップショットを削除するにdiskshadow.exeを使用できます。実行ボックスやスタートボックスで、Diskshadow.exeを入力でき、Enterを押して、diskshadow.exeを開きます。そして、次のコマンドを実行します:

delete shadows oldest <BackupTargetLocation>

削除Shadow

バックアップ宛先を指定するには、ドライブ文字またはボリュームGUIDを使うことができます。デフォルトで、バックアップディスクはドライブ文字がありせんが、手動でディスク管理を使用して、ドライブ文字を割り当てることができます。ボリュームのGUIDを表示するには、コマンドを実行できます:

Mountvol

Mountvol

次は、バックアップディスクが領域不足の時、これらの操作を繰り返して、windows serverバックアップをクリーンアップします。一度に全ての問題を修正したい場合、他のバックアッププログラムを試すことをお勧めします。

長期のソリューション

専門のWindows Serverバックアッププログラム、AOMEI Backupper Serverは4つのバックアップソリューションを提供します:システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップとファイルバックアップ。そのディスク領域管理は5つの異なるスキームで自動に前のイメージバックアップを削除することができます。だから、Windows Serverバックアップはドライブを詰め込むことを見ますん。更に、タスクスケジュールやその自分のサービスを使用して、フル、増分、差分バックアップの後にスケジュールバックアップタスクを実行することができます。どのようにぞれを実行するか見てみましょう:

1. このWindows Serverバックアップソフトウェアをダウンロードして、インストールし、開きます。

2. 「バックアップ」タブで、ニーズによる1つのタイプを選択します。ここは、最もよく使われたバックアップ方法、システムバックアップを例とします。

システムバックアップ

3. システムバックアップは自動にシステムとブートファイルを含むパーティションをバックアップします。「2」をクリックして、イメージバックアップを保存する宛先場所を選択します。

宛先場所

4. バックアップタスクのスケジュールを設定する為に、「スケジュール」をクリックします。そして、ディスク領域管理の為に、スキームオプションをクリックします。ニーズによって、5つのタイプの中に1つを選択します。各スキームは動作のダイナミックなグラフィックスがあります。

バックアップスキーム

5. バックアップスケジュールの作成を終了する為に、開始をクリックします。

開始

AOMEI Backupperで作成されたイメージバックアップは、簡単に元の場所や他に場所に、異なるハードウェアコンピューターにも復元することができます。ディスク領域管理の助けを借りて、Windows Server バックアップディスクの領域不足のことを絶対に見つけません。