最高の Windows Server バックアップの代替

Windows serverバックアップについて

マイクロソフトはWindows Server 2008でNTBackupの代替--Windows serverバックアップ (WSB) を紹介しました。ある程度に、それは立派な改善です。例えば、ブロック レベルのバックアップ はファイル レベルを替わります。ただし、NTBackup の持っている機能を欠いているので、 Windows Server バックアップの代替を探しているユーザーもいます。Windows Server 2008 では 、WSB はネットワーク共有に個人ファイルのバックアップ、 GUIのスケジュールバックアップまたは増分バックアップを行うことをサポートしません。それらのいくつかは後のバージョン--Windows Server 2008R2、2012 、2012R2で有効ですが、いくつかの必要な機能はまだ満足をもたらしていません。例えば、 NTFSにフォーマットされていないボリュームをバックアップソースかバックアップターゲットとして使用することはできませんけど、1 つのスケジュールバックアップジョブを持つことができます。より良いバックアップと復元のパフォーマンスの為、サーバーバックアップソフトウェアを使用できます。

Windows Serverのバックアップソフトウェア

ここでWindows Server バックアップ のより良い代替についての話がします - AOMEI BackupperServerはWindows Server バックアップと復元の為に、設計されたものです。もし Windows Server バックアップの代替を探しているのなら、それは良い選択だと思われます。それ を使用して、個人ファイル、ボリューム全体、ハードディスクまたはサーバー システムのみをバ ックアップまたは復元することができます。非常に簡単な方法で フル/増分/差分バックアップ を実 行することができます。さらに、ディスク領域管理は自動的に古いバックアップを削除し て、次回のバックアップの為、充分の領域があると確認することができます。もしサーバーに 問題があったのなら、バックアップを前のデータに復元できます。そして、もしサーバーのマシン がこれ以上作業していないのなら、異なるハードウェアに復元できます。通知、圧縮、イメージの 分割、暗号を含む他の設定によって、仕事を楽にさせることもサポートしています。バックアップ と復元のほか、AOMEI Backupper Serverは、Windows を再インストールせずに、システムクローン またはディスククローン機能でHDDのアップグレードを行うこともできます。

Windows Serverをバックアップする方法

その直感的なインターフェイスで、Windowsバックアップツールの代替--AOMEI Backupper は数回のクリックだけでバックアップや復元を行うことができます。その作業を見てみよう:

1. このソフトウェアをダウンロードし、インストールし、開いて、メイン インターフェイスに行きます。

2. 左ペインで「バックアップ」をクリックし、「システムバックアップ」を選択します。

システム バックアップ

3. 次の画面では、 Windows Server 復元には必要なパーティションは、ステップ 1 でバックアッ プのソースと選択されていると分かります。「ステップ 2」をクリックするだけで、宛先場所を選 択して、システムイメージ ファイルを保存します。

 バックアップシステム

4. あそこには、3 つのオプションがある:バックアップオプション、スケジュールおよびスキーム。 必要な場合は、クリックして設定できます。そして、「開始」をクリックしてバックアップを行い ます。

圧縮

Windows Server バックアップは、WBadmin コマンドラインを提供しますから、AOMEI Backupperは コマンドプロンプトからクローン、復元、およびバックアップを行うこともできます。したがって、AOMEI Backupper Serverは、考慮すべき最善の Windows Server バックアップ方法の1 つです。