バックアップと回復のためにWindows Server 2016のWbadminを使用します

Windows Server 2016のWbadminの主な機能

Windows Server 2016でバックアップと回復のジョブを実行する方法は2つあります。一つはWindows ServerバックアップのGUI(グラフィカルユーザインタフェース)で、もう一つはコマンドプロンプトからのWbadminです。Windows Serverバックアップと比較すると、バックアップの管理にWbadminはバックアップの削除といったより多いオプションを提供します。そのため、Wbadminでバックアップを作成する管理者のグループのメンバーになる必要があります。管理者特権プロンプトを開くために、スタートボタンを右クリックして、ポップアップメニューでコマンドプロンプト (管理者)を選択できます。そして、バックアップまたは回復のジョブを作成するのに適当なコマンドを使用できます。Wbadminのすべてのサポートされたコマンドを見るために、「Wbadmin/?」コマンドを使用できます。

サポートされたコマンド

Wbadminコマンドを使用する方法

Windows Server 2016のWbadminバックアップコマンドはWindows Serverのバックアップと回復のために常に使用されます。それに精通している人にとって、それは非常に便利です。

Wbadminバックアップ

Windows Serverでバックアップを作成するために、システム状態のバックアップまたはバックアップに含まれたい項目を指定するバックアップを選択できます。システム状態のバックアップを作成するために、次のコマンドを使用します:

Wbadmin start systemstatebackup –backuptarget:[backup location]

バックアップターゲット場所を指定する時、ドライブ文字、ボリュームGUIDまたはネットワークアドレスを使用できます。ベアメタルリカバリを実行するのに以下のコマンドを使用します:

Wbadmin start backup -backupTarget:[backup location]: -allcritical -quiet

「quiet」はプロンプトなしにバックアップを実行する意味を表します。例えば、E:ドライブにベアメタルのバックアップを作成するために、次のコマンドを使用します:

WBadmin start backup -backupTarget:E: -allcritical –systemstate -vssful

WBadminスタートBackup

システム状態のバックアップは同じサーバー(バックアップが作成された場所)だけに復元されることができますが、ベアメタルバックアップは同じまたは異なるハードウェアを持っている任意のサーバーに復元されることができます。

Wbadmin回復

システム設定に不適切な変更が発生するのでServer 2016は正常に作業できない場合、システム状態の回復を実行してシステム設定を復元できます。システム状態の回復について、以下のコマンドを使用します:

Wbadmin start systemstaterecovery -version: versionIdentifier --backupTarget:[backup location] –quiet

バックアップバージョンについて、「Wbadmin get versions」コマンドを実行して全てのバージョン識別子を一覧できます。例えば、ネットワーク共有フォルダ\\192.168.0.221\Public\backupからシステム状態回復を実行するために、次のコマンドを使用します:

Wbadmin start systemstaterecovery -version:11/11/2015-01:09 -backupTarget: \\192.168.0.221\Public\backup -quiet

システム状態の回復

ご存知のように、システム状態の回復はシステム状態のデータだけを復元します。そのため、Wbadminスタートsysrecoveryコマンドを使用して、より深刻な状況からサーバーを回復する必要があります。フルサーバー回復を実行するために、Windowsインストールディスクまたは回復ドライブの助けをもらってWindows回復環境にサーバーを起動する必要があります。フルサーバー回復の構文はWbadmin start sysrecovery -version:versionIdentifier -backupTarget:[backup location]です。例えば、2015年10月11日の06:48で作成されたWindows Server 2016のバックアップを復元するために、以下のコマンドを使用します:

Wbadmin start sysrecovery –version:11/10/2015-06:48 –backuptarget:D –machine:WIN-9814GD4FH95

しかし、WBadminユーティリティーは確かに制限があります。例えば、NTFSでフォーマットされたボリュームだけを保護できます。また、一つだけのスケジュールバックアップジョブを作成できます。よりいい性能を取得するために、サードパーティ製のソフトウェアを使用することができます。

Windows Serverバックアップソフトウェア

Windows Servers向けのバックアップと復元のツールとして、AOMEI Backupper Serverはより柔軟かつ効率的な方法でバックアップと回復のジョブを実行できます。それはNTFS、FAT32とEXT3を含む沢山のファイルシステムをサポートし、スケジュールバックアップを実行する数も制限がありません。タスクを順序かつ迅速に実行することを確保するためにそれは多い強力な機能とオプションを提供します。その直感的なインターフェイスで、バックアップまたは復元のタスクを設定するのに数回だけのクリックが必要です。差分/増分バックアップで、必要なデータをすべてバックアップできますし、多いスペースを節約できます。ブータブルメディアを作成する機能で、コンピューターが起動できない時、AOMEI Backupper PEにサーバーを起動して、サーバーを復元できます。

AOMEI Backupperでシステムバックアップを実行します:

1. AOMEI Backupper Serverの30日間試用版を無料でダウンロードして、インストールし、起動します。

2. 「バックアップ」タブで「システムバックアップ」をクリックします。

バックアップタブ

3. 「2」をクリックして、バックアップ宛先場所を指定します。ネットワーク共有フォルダを含む任意のフォルダをサポートできます。

宛先場所選択

4. 「開始」をクリックしてバックアッププロセスが始まります。

開始

バックアップと復元の他に、AOMEI BackupperはデータをSSDまたは別のストレージデバイスに移行するための機能を提供します。また、それはWbadmin Windows Server 2016を使用するようにコマンドラインからバックアップ、復元、クローンを実行することもできます。すべてのコマンドラインのユーティリティのパラメータを表示するために、管理者特権コマンドプロンプトに「AMBackup.exe /?」を入力できます。