Windows Server 2016起動しない問題を修復

Windows Server 2016が起動するとき、エラーが発生しました?この記事からWindows Server 2016を効率的に修復する方法を学ぶことができます。

エラー:Windows Server 2016が起動しない

Windows Server 2016の起動に失敗した場合がありますか?この問題は、サーバーブートファイルのエラーまたは損傷、またはシステムの障害によっても発生する可能性があります。では、どのようにWindows Server 2016を修復するのですか?

さまざまな原因に基づいて、Windows REでBootrec.exeツールを実行して、Windows Server 2016のバックアップから復元することができます。

Windows Server 2016を修復する方法

ここでは、いくつかの方法を紹介します。

方法 1. Bootrec.exedeでWindows Server 2016を修復

この方法は、Windows Server 2016修復ブートに適用されます。

1. Windows Server 2016のインストールメーディアを差し込み、起動します。

2. Windowsセットアップダイアログで、自分の場合によって適切な設定を行い、「次へ」をクリックします。

3. コンピュータの修復 > トラブルシューティングコマンドプロンプトの順をクリックします。

4. コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、「Enter」を押します。

  • bootrec /fixmbr

  • bootrec /fixboot

  • bootrec /rebuildbcd

  • y (新しいWindowsインストールをブート構成データベースに追加することを確認する)

5. コマンドプロンプトを終了し、コンピュータを再起動します。

方法 2. AOMEI Backupper.exeでWindows Server 2016を修復

Windows Server 2016のブート問題がシステム障害によって引き起こされた場合、Windows Serverバックアップソフト--AOMEI Backupper Serverを使用して解決できます。特に中小企業向けに設計された、データ保護と災害復旧の総合的なソリューションです。

AOMEI Backupperを使用して、システムバックアップをすでに作成している場合は、次の手順でWindows Server 2016システムの復元を試すことができます。 AOMEI Backupperを使用してシステムバックアップを作成していない場合は、Windows Server 2016を実行している別のコンピュータにバックアップを作成できます。ただし、コンピュータはシステムバックアップが作成されたコンピュータの状態に復元されます。 システムの復元を実行する前に、AOMEI Backupperの「イメージをチェック」ユーティリティを使用して、システムのバックアップイメージにエラーがないかどうかを確認することができます。では、Windows Server 2016の修復に進んでみましょう:

1. AOMEI Backupperを使用して起動可能なメディアを作成し、コンピュータが正常に機能するようにします。ブータブルメディアからブートに問題のあるコンピュータを起動します。

2. スタートアイコンを右クリックし、メニューからコマンドプロンプト(管理者)を選択します。

3. 「cd C:¥Program Files (x86)¥AOMEI Backupper」と入力し、Enterキーを押します。お使いのコンピュータのAOMEI Backupperのインストールディレクトリで「cd」の後のパスを変更する必要があります。

4. D:¥system backupに保存されているシステムバックアップをディスク2に復元し、Enterキーを押すと、「AMBackup /r /t system /s “D:¥system backup\system backup.adi” /d 2」と入力します。画像ファイルのパスと宛先の場所を自分で変更する必要があります。

5. 「exit」を入力してコマンドプロンプトを終了し、Enterキーを押します。後でコンピュータを再起動します。

AOMEIコマンドライン

ヒント:ドライブ文字は、Windows PE環境で変更される可能性があります。 手順4の前にAMBackup /lを実行してコンピュータ上のディスクを一覧表示し、AMBackup /l<DiskNumber>(例:AMBackup /l0)を実行して特定のディスク上のパーティションを一覧表示することができます。

Windows Server 2016を修復するトップ方法

コマンドプロンプトを実行するのは難しいし、間違いやすいため、ほかの最も簡単な方法を見つかりたいと思うユーザーもいますかもしれません。では、ここで、もう一つの方法があります。

手順 1. ブート可能なメディアを作成し、上記のように起動します。

手順 2. ログインするとAOMEI Backupperが読み込まれます。左側のペインで「復元」を選択し、「システム復元」の前にチェックを入れて、システムバックアップタスクのみを表示します。復元するタスクを1つ選択し、「次へ」をクリックします。

システム復元

手順 3. システムバックアップの最新のバックアップポイントを選択し、「次へ」をクリックします。

バックアップポイントを選択

手順 4. 操作を確認し、「開始」ボタンをクリックします。

ヒント:

  • 元のシステムドライブのサイズまたは場所が変更されている場合は、手順4の前にコピー先ドライブを指定する必要があります。そうでない場合、プログラムは自動的に現在のシステムパーティション(通常はCドライブ)を宛先ドライブとして選択します。手順3の「システムを他の場所に復元する」の前にチェックを入れて、デフォルトの宛先ドライブを変更することもできます。

  • システムのバックアップイメージが他のコンピュータからのものである場合は、ステップ4の「ユニバーサル復元を有効にする」にチェックを入れて、復旧後にシステムが起動可能であることを確認する必要があります。

まとめ

Windows Server 2016起動エラーが発生した場合は、Bootrec.exeツールを実行してブートを修正するか、AOMEI Backupper Serverを使用してシステムを復元します