Windows Server 2008 (R2)増分バックアップのソフトウェア

バックアップはシステムパーティションや全体ディスクをコピーすることを指します。システムクラッシュまたはデータ損失が発生した場合、これを利用して、元の状態に復元することができます。データの削除や損失があるなら、データの安全性を保証する為にバックアップが使用されます。沢山のサーバーマシンが、その重要なデータやファイルを紛失することを被ります。更に、ウイルス攻撃、誤った操作のようないくつかの原因によって、システムが意外にクラッシュするかもしれません。この状況に、システムドライブのバックアップイメージファイルがある場合、OSと他のアプリケーションの再インストールが簡単に回避できます。だから、バックアップは、徐々にデータ保護において重要な役割を果たしてくるのには間違いありません。通常に、3つのバックアップタイプがあります:フル、差分と増分バックアップ。

フルバックアップ

新しく追加するまたは長い時間に存在するデータに関わらず、フルバックアップは全てのデータのバックアップを作成することを指します。通常に、フルバックアップは最初のバックアップに使用されて、つまり、パーティションやディスクなどの指定の場所に、全てのデータをバックアップすることです。しかし、フルバックアップがより多い時間がかかりますし、イメージファイルもより大きいスペースが必要です。幸いなことに、差分バックアップと増分バックアップがこの問題を解決できます。

差分バックアップ

差分バックアップは、変更されたまたは新しく追加されたファイルだけをバックアップすることを指します。これは前回のフルバックアップに基づきます。このメリットについて、バックアップの効率が向上し、差分バックアップイメージファイルが必要なストレージディスクスペースが縮小します。

増分バックアップ

差分バックアップとすごく似ていますが、増分バックアップは、フルバックアップや差分バックアップに関係なく、前回のバックアップに基づいて、新しく変更された、削除された、追加されたデータをバックアップすることを指します。前回のバックアップに基づくので、ファイルの間は相互依存関係があります。一言で、毎回のバックアップはイメージファイルを作成して、全てのイメージファイルは関係があります。増分バックアップの最後のイメージファイルは前のイメージファイルに基づきます。つまり、前のイメージファイルを削除すると、後続のずべてのイメージファイルが無効になります。

Windows Server 2008増分バックアップを設定する方法

Windows Server 2008はWindows Server 2003と違います。Windows Server 2003はNTbackupと呼ばれた内蔵ツールがあって、OSのバックアップができます。Windows Server 2008の内蔵ツールでバックアップを作成したい場合、「Windows Server バックアップ」ユーティリティを追加して、再起動し、ウィザードに従わなければありません。その操作は複雑です。また、多くの欠点があります。例え、スケジュールバックアップを実行する為に他のディスクが必要で、ローカルNTFSボリュームだけをバックアップできます。Windows Server 2008や2008 R2増分バックアップを設定する為に、ここは、AOMEI Backupper Serverのようなサードパーティ製のサーバーバックアップソフトウェアを使用することをお勧めします。

ステップ1. AOMEI Backupper Serverをダウンロードして、インストールし、起動します。「バックアップ」をクリックして、バックアップタイプを選択します。ここは、「システムバックアップ」を例にします。

システムバックアップ

ステップ2. プログラムは自動にシステムパーティションおよび/またはシステムで予約済みパーティション(ある場合)をソース場所として選択します。宛先場所(外付けHDD、ネットワークドライブ、NAS)だけを選択する必要があります。

宛先を選択

ステップ3. ここは増分バックアップを設定する方法が2つある

方法1: バックアップ中

このプログラムは、自動バックアップの為に、スケジュールを作成することができます。「スケジュール」->「詳細」をクリックして、スケジュールバックアップタイプを選択できます。デフォルトで、「増分バックアップ」を選択します。

スケジュール増分バックアップ

方法2: バックアップ後

スケジュールバックアップが欲しくない場合、バックアップを終了した後にも、増分バックアップを設定することができます。次のように、「ホーム」->「バックアップ」をクリックして、フル、増分や差分バックアップの操作を選択できます。

増分バックアップ

増分バックアップはバックアップ時間とストレージを節約できますが、Windows Server 2008フルバックアップと増分バックアップの組み合わせを設定することを覚えている必要があります。データを復元する為に、前回のフルバックアップだけでなく、フルバックアップに基づいて作成された全ての関連増分バックアップも必要です。例えば、月曜日にフルバックアップを実行して、今週の残りの日にデーリースケジュール増分バックアップを実行する場合、月曜日に作成されたフルバックアップと今週の残りの日に作成された6つの増分バックアップが必要である限り、今週の全体データを復元することができます。任意の増分バックアップを紛失したり、破損したりすれば、全てのデータを回復できません。