Windows Server 2012のシステム状態のバックアップを作成

システム状態とは、何ですか?

システム状態のデータは、以下のファイルからなる:

  • 起動ファイル(システムファイル、Windows File Protection (WFP)から保護されていたファイル)
  • アクティブディレクトリ(ドメイン・コントローラにのみ)
  • 「sysvol」(ドメイン・コントローラにのみ)
  • 証明書サービス(認証局にのみ)
  • データベースクラスタ(クラスタ ノードにのみ)
  • レジストリ
  • パフォーマンスカウンタの情報
  • コンポーネントサービス クラス登録のデータベース

システム状態のデータは、任意の順序でバックアップすることができます。システム状態の復元は、起動ファイルを置き換えることを始めとしますし、レジストリのシステムハイブをコミットすることを終わりとします。

システム状態のバックアップと復元操作はずべてのシステム状態のデータを含めます。コンポーネン ト間の依存関係なので、コンポーネントごとにバックアップ•復元することはダメです。ただし、システム状態のデータを別の場所に復元することができます。

  • 注:レジストリファイル、Sysvol ディレクトリファイル、およびシステム ブートファイルのみ、ア クティブディレクトリ•データベース、証明書サービス•データベースおよびコンポーネントサービス• クラス登録•データベースは復元できません。
  • システム状態のコンポーネントごとにバックアップすることはできない一方で、詳細なバックアップオプションを設定することにより、システムファイルやシステム状態のデータをバックアップすることはできます。

    AOMEI Backupperサーバー版でWindowsサーバーシステム状態のバックアップをする

    AOMEI Backupperサーバー版 は、Windows Server 2003と 2003 R2,Windows Server 2008 と2008 R2, Windows Server 2012と 2012 R2, Windows SBS 2003, 2008, 2011, Windows 8.1, Windows 8, Windows 7, Windows Vistaや Windows XP (32/64ビット)向けの総合的で信頼性の高いバックアップソフトウェアです。

    このソフトウェアは、「システム/ファイル/フォルダー/ディスク/パーティションのバックアップ」、「復元」、および「クローン」だけではなくて、「スケジュール」、「スキーム」、「増分バックアップ」、「差分バックアップ」、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」などの機能もを提供します。

    ステップ 1. AOMEI Backupper サーバー版をダウンロードし、インストールし、起動します。メイン ・ インターフェイスでシステムバックアップを選択してください!

    choose-system-backup

    ステップ 2.ソース場所はもう自動にされたので、宛先場所を選択してください!

    choose-another-location

    ステップ 3. 最後、「開始」をクリックします。

    finish-system-backup

    上記の説明によると、AOMEI Backupperサーバー版でWindows 2012のシステム状態をバックアップす ることは簡単なになります。これは初心者でもすぐ使えるようになる簡単なプログラムです。だから 、ここでは、AOMEI Backupper サーバー版を心からお勧めします。AOMEI Backupper サーバー版の30日間の無料体験版を試してください!