最高の Windows Server 2008 バックアップソフトウェアおよびフリーウェア

なぜWindows Server 2008には、バックアップソフトウェアが大切なの? 

データ損失はプログラムとOSクラッシュ、ウィルス攻撃、ハードディスク崩壊やヒューマンエラーな どのせいで、Windowsサーバーのユーザーの間でよく起こった問題になります。Server 2008 は企業に使用されることが段々普遍になってきますから、予めイメージファイルのバックアップを作成しないなら、大損失になる恐れがあります。そのため、直接・間接の損失を予防するには、ここでは、弊社からのアドバイスを聞いていただければ、よろしいと思います。

Windows Server 2008 バックアップフリーウェア――内蔵Windows サーバーバックアップ

WindowsOSバックアップソフトウェアは無料です。Windows Server 2003 NTbackupより、Windows Server 2008内蔵バックアップツールはWindows Server Backup(Windowsサーバーバックアップ)で、 手動なものです。管理->サーバーマネージャー->機能->機能追加(Administrative -> Server Manager-> Features -> Add Features)をクリックし、Windows サーバーバックアップ機能を選択し 、インストールします。こうして、Windows Server 2008の基本バックアップを無料できるようになり ます。一方で、弱点もあるけど:

  • バックアップオペレーターグループまたは管理者グループの一員ではなければ、使用はダメ。
  • スケジュールバックアップを実行する場合、専用ディスクは必要なもの。
  • ローカルディスク上のNTFSへ格式化されたボリュームのバックアップしかない。
  • テープへのバックアップはダメ。
  • Ntbackup.exe で作成されたバックアップの復元はダメ。

こう見れば、無料のWindows Server2008 バックアップフリーソフト――Windowsサーバーバックアッ プには制限があります。そのため、全てのバージョンのOSのバックアップ用の第三者バックアップソフトウェアは必要になります。比較によると、AOMEI Backupper サーバー版は最も理想的な一つです。殆どのWindowsOS、例えば、Windows Server 2003, 2008, 2012 (R2), Windows SBS 2003, 2008, 2011やWindows PC システムには互換性があります。コストパフォーマンスも良いです。

Windows server 2008の最高のバックアップソフトウェア――AOMEI Backupperサーバー版

Windows Server 2008 バックアップソフトウェアとして、AOMEI Backupperサーバー版は便利なシステムバックアップ機能を提供しています。インターフェイスは非常に簡潔なので、素人までも簡単に使用することもできます。ただし、このソフトウェアは有料です。システムバックアップのおかげで、Server 2008 システムパーティション全体のコピーを作成できます。システムイメージバックアップされたら、システムイメージバックアップファイルを復元することで、前のOS環境に戻れます。その他に、ファイルバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイル同期などの機能もあります。

バックアップ

バックアップイメージファイルでWindows Server 2008を保護したくない場合、クローン機能はもう一つの方法です。

スケジュール

バックアップ/リカバリ管理を向上させるユーティリティもあります。例えば、サーバーマシンが起動できなくなったら、ブータブルメディアを作成で起動し、復元します。

クローン

上述の機能以外に、 AOMEI Backupper サーバー版は、圧縮、暗号化、バックアップイメージのマージ 、異なるハードウェア復元の実行なども提供します。

機能

要るするに、AOMEI Backupperサーバー版は、Windows Server 2008 向け立派なバックアップソフトウェアです。そして、無料 Windows サーバーバックアップより優れていることは明らかです。