Windows Server 2003 の内蔵ツール――NTBackup を使用

NTBackup Sever 2003について

NTBackup と称されるWindows Server 2003 の内蔵ツールではデータ、オペレーティングシステム(OS)全体やディスクボリューム、例えば、ディレクトリ(目次)、指定されたファイル、システム状態データ(Windows Server 2003OSレジストリ情報も)をバックアップし保存することができるし、Windows Server 2003 、 Exchange 2003のデータをバックアップし復元することもできます。

その他に、復元、バックアップ( スケジュールバックアップ増分バックアップ、差分バックアップ、ノーマルバックアップ、イメージバックアップ)などの機能もサポートできます。もし使用したければ、以下のようにやってください:スタート> すべてのプログラム>アクセサリ>システムツール>バックアップ。

NTBackup

Server 2003 Ntbackupの不足

通常に、基本データのバックアップは非常に重要だと人々が分かります。データ損失からのトラブルを予防するには、予めデータバックアップをすべきです。しかし、データはセーフであるかどうか分からないでしょう。だから、Ntbackupは使用しやすくても、不足もあります。

  • 既定にNtbackupインストール
  • Windows Server 2003ではNTBackupは既定にインストールされます。既定バックアップの不足は嫌な問題が出てくること。例えば、Serverは不安定になってましたのに、バックアップされたことがないので、新ソフトウェアをインストールすることはできません。

  • ファイルとフォルダーを別々にバックアップ
  • Ntbackupではファイルとフォルダーを別々にバックアップすることができます。エラーは出てこないですけど、パーティションのデータを丸ごとバックアップすることは不便です。

  • テープドライブのサポート
  • テープドライブはフロッピーディスクです。今のハードドライブと比較して、フロッピーディスクのストレージ容量はより小さいですし、フロッピーディスクをバックアップ、復元する中に、速度もより遅いです。

上記のように、 内蔵ツールはデータ保護を行うことができますが、不足もあります。もしもっと高級、プロのバックアップツールが欲しければ、ここでは、AOMEI Backupper Severを強烈にお勧めします。
このツールは説明は簡潔明瞭だし、使用しやすいですから、ぜひ試みてください!

インターフェイス