再インストールせずにWindows Server 2016 OSを SSD に移行する

Windows Server 2016 OS を SSD に移行する理由

多くの方面では、SSDはHDDより良い作業を行うことを聞いている人がおそらく沢山います。ユーザ ーはSSD をシステム ドライブとすることが多いです。SSDは、数年前から出回っていたので、マイ クロソフトは間違いなく、多くの努力をして、新たなWindows Server 2016 をSSDに完全に合わせ ると確認してしまいます。したがって、より良いパフォーマンスのため、 Windows Server 2016 をSSDに移行することを強くお勧めします。SSD に Windows を移行する一般的な方法は、オペレー ティング システム (OS)、プログラムおよび設定を含む新たなインストールを行うことです。それ は面倒さいし、遅いです。もし時間を節約し、物事を簡単にさせれば、 AOMEI Backupper Serverでシステムを再インストールせずにOS を SSD に移行する ことができます。

OS を移行する最高のソフトウェア

AOMEI Backupper Server は、Windows Server 2016/2012/2008と対応のWindowsバージョンのため に設計された強力なSSD 移行ソフトウェアです。AOMEI Backupperによって、いくつかのマウスク リックだけで、HDD から SSD にwindows server 2016 のすべてのものを移動することができます 。どんなシステムを実行していても、プログラムは、システムパーティションと関連ファイルを見 つけて、完全なOS のコピーを作成します。パーティションサイズを自動的に調整する機能で、大 容量HDD から小容量SSD にシステムを移行する場合は、そのソフトウェアは完璧に作業します。プ ロセス中に、パーティションのアラインメント機能で、そのソフトウェアは宛先ディスクにより良 いパフォーマンスを与えます。この人気のあるコピー技術で、コピーの操作中に、妨害なしでコン ピューターを使用することができます。直感的なユーザーフレンドリーなインターフェイスで、移 行プロセスは非常に簡単になります。さらに、宛先ディスクをブート可能なままにする状態で、MBR から GPT ディスク、 vice versaにデータまたはシステムを移行する こともサポートします。

AOMEI BackupperでHDD からSSDにOS を 移行する

Windows Server 2016をSSDに移動する為、AOMEI Backupper のコピーと移行されるデータを保存す る大きさのあるSSDしか必要ないです。AOMEI Backupper Serverは、無制限の機能ある3 日間無料 試用版を提供します。無料のダウンロードで試用を開始できます。その作業を見てみよう:

1.AOMEI Backupperを開いて 、メインインタフェースを見てください。

2.[クローン]のタブの下で「システムクローン」をクリックしてOSの移行を行います。SSD に全体のHDDをクローンしたい場合は、「ディスククローン」を選択します。

システムクローン

3. プログラムが自動的にソースデータを選択して、システムの移行を行うので、ただSSDをクリックして宛先ディスクを選択します。未割り当て領域またはパーティションを宛先の場所と選択します。クローンを開始する時に、選択された場所にあるすべてのデータが移動されると知っています。

宛先の選択

4. 「 次へ」をクリックしてから、操作の概要画面に入ります。「SSDを最適化するには、パーティションを合わせる」を選択して、「開始」をクリックして操作を行います。

開始

Windows Server 2016をSSD に移行する機能以外に、 AOMEI Backupper はまた、立派なバックアッ プと復元ソフトウェアです。これを使用して、システムのバックアップを作成し、ブート可能なレスキュー メディアを作成し、異なるハードウェアにシステムの復元することができます。