Windows Server 2016増分と差分バックアップを作成します

Windows Server 2016の増分と差分バックアップ

システムクラッシュ、ウイルス攻撃、誤削除で起こすデータ損失を防ぐために、特に他の多いマシンを制御するWindows Serversにとってバックアップの作成を回避できません。この記事は新しいサーバーシステムWindows Server 2016のバックアップ方法を紹介します。ビジネスと企業の発展に伴って、バックアップされる必要があるデータの数は益々大きくなっていきます。データのフルコピーを作成するのは沢山の時間と空間がかかります。そのため、新しいバックアップ方法を紹介しようとします。前回のフルバックアップから修正されたデータのコピーを作成する差分バックアップ、と前回の増分バックアップから追加、修正されたデータのコピーを作成する増分バックアップです。Windows ServerバックアップはWindows Server 2016の内蔵バックアップと復元のツールです。それはフルバックアップと増分バックアップをサポートします。もし、差分バックアップのほうが好きなら、サードパーティ製のサーバーバックアップソフトウェアを使用することができます。

Windows Serverで増分バックアップを作成する方法

Windows Server 2016で、スケジュールバックアップタスクを設定する場合、それはデフォルトで増分バックアップを実行します。そのため、単一のスケジュールバックアップジョブだけを作成する必要があります。構成パフォーマンスでそれを変更して、いつもフルバックアップを実行することもできます。

スケジュール増分バックアップを作成します:

  1. 管理ツールの下でWindows Serverバックアップを開きます。インターフェイスの右側で、「バックアップスケジュール」をクリックします。
  2. 構成パフォーマンス

2. 次のスクリーンで、バックアップに含まれたいことを選択します。

フルサーバー

3. バックアップの時間を指定します。1日1回限りまたはより頻繁に実行することを設定できます。でも毎週または特定の数日後にバックアップすることを設定できません。

4. バックアップディスク、バックアップボリュームまたはネットワーク共有フォルダから作成先の種類を指定します。全体HDDをバックアップディスクとして選択する場合、HDDは再フォーマットされます。そのため、このドライブに重要なデータがないことを確認してください。

5. 作成先を選択します。ボリュームにバックアップしたいなら、NTFSでフォーマットされたパーティションだけをバックアップボリュームとして選択できることを注意します。

ディスク選択

6. 操作を確認して、「完了」をクリックします。そしてジョブを開始します。

完了

その後、増分バックアップがWindows Server 2016で毎日実行されます。増分と差分バックアップ間の違いを比較した後、差分バックアップも実行したいかもしれません。Windows Serverバックアップはいくつかの重要な機能を備えていません。例えば、通知、ウイークリースケジュールバックアップ、差分バックアップです。その点に不満を抱くかもしれませんが、他のWindows Server向けのバックアップソフトウェアを使用できます。

バックアップソフトウェアで増分と差分バックアップを作成します

使いやすくて、高度なサーバーバックアップソフトウェアを見つけるなら、AOMEI Backupper Serverは推奨されます。それはフル/増分/差分バックアップを実行するとともにデイリー、ウイークリー、マンスリースケジュールバックアップを作成できます。それはNTFS/FAT32/EXT2/EXT3を含むファイルシステムとWindows Server 2003、2008、2008R2、2012、2012R2、2016を含むOSを沢山サポートします。また、それは多くのバックアップオプションもサポートします。例えば、電子メール通知、暗号化と圧縮です。

増分または差分バックアップを有効にします:

サーバーバックアップのためにシステムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップとファイルバックアップを選択できます。ここではシステムバックアップを例としましょう:

1. このソフトウェアを無料でダウンロードして、インストールし、起動します。

2. 「バックアップ」タブで「システムバックアップ」を選択して使用します。

システムバックアップ

3. 「2」をクリックして、バックアップイメージを保存する場所パスを指定します。このプログラムは自動的にシステムバックアップに要求されたパーティションを選択します。ファイルエクスプローラーが検索できるすべての場所は宛先場所としてサポートされることができます。ファイルシステムを心配する必要がありません。

宛先パスとオプション

4. 次のスクリーンで、「スケジュール」をクリックして、バックアップを実行したい時間を設定します。「詳細」タブをクリックして、フル/差分/増分バックアップを選択します。これを指定しない場合、増分バックアップはデフォルトで有効にされます。

増分バックアップ

5. スキームをクリックして、ディスクスペースの管理を有効にします。前のバックアップを削除します。「オプション」ボタンをクリックして詳細を見られます。そして、「開始」をクリックしてバックアップジョブを始めます。

これはWindows server 2016増分と差分バックアップを作成する方法です。このバックアップを復元するのもとても簡単です。ブータブルメディア(USBドライブまたはCD)またはAOMEI PXE Toolを使用して同じサーバーまたは異なるハードウェアを持っている他のサーバーにディスクバックアップまたはシステムバックアップを復元します。バックアップと復元の他に、AOMEI BackupperはHDDまたはOSだけをSSDにクローンできます。