Windows Server Hyper-V•バックアップ•経済的なソフトウェア!

Hyper-Vについて

Hyper-Vとは、仮想化のサーバー 作動環境を作成するWindowsの内蔵ツールのこと。使用の同時に、物 理コンピューターでのOSをたくさん操作できます。ハードウェアの非互換性への遠慮なしでことをし ます。他の仮想化ツールとは異なり、マイクロソフトはまだ HYPER-V付けの公式応用に向かって、技 術サポートが提供してくれます。もし他の仮想化マシンがあれば、例えば、VMware、VirtalBoxとか、 HYPER-V に移行させることができます。その為に、Windows Server Hyper-V•バックアップソフトウェ アが必要なものになります。

Hyper-V•バックアップソフトウェア――AOMEI Backupperサーバー版

AOMEI Backupperサーバー版とは、Microsoft Hyper-V, VMware, Virtualbox, や 他の仮想化マシン( ソフトウェア)をサポートするWindows サーバーバックアッププログラムのこと。Windows Server 2003/2008/2008 R2/2012/2012 R2やWindows PC OSに対応するバージョンをサポートしています。これ で、ネットワークの共有フォルダーにバックアップできますし、物理マシンまたは仮想マシンからバ ックアップをチェックできます。そして、このソフトウェアは立派なHyper-Vバックアップソフトウェ アの全てに適います。例えば、簡単かつ美観的なグラフィックユーザーインターフェイス (GUI)、起 動可能なレスキュー メディア、128 ビットの暗号化、増分/差分バックアップ、電子メール通知、PXE 起動ツールなど。その上に、異なるハードウェアでシステムバックアップを別のコンピュータに復元 することもサポートします。そうして、物理マシンから仮想マシンへの変換と仮想マシンから物理マシンへの変換もできるようになります。

Hyper-Vをバックアップするステップ

サーバーバックアップソフトウェア、AOMEI Backupper Serverは、サーバーバックアップの「システ ムバックアップ」、「ディスクバックアップ」、「パーティションバックアップ」、および「ファイルバックアップ」を提供します。

バックアップのステップ:

ステップ1.Hyper-V仮想マシンで、AOMEI Backupper をダウンロードし、インストールし、起動します。

ステップ2. [バックアップ] ――「システムバックアップ」をクリックします。もしディスクドライ ブを丸ごとにバックアップするなら、「ディスクバックアップ」を選択してください。

バックアップ

ステップ3.プログラムはシステムバックアップ用のパーティションに自動にしますから、「ステップ 2」をクリックして、イメージバックアップを格納する場所を選択する必要しかありません。

宛先ディスク

ステップ4. フル/増分/差分バックアップでこのバックアップを実行するスケジュールを設定できま すし、ディスクスペースの管理で旧バックアップを削除できます。他の追加オプションを知るには、 「バックアップオプション」をクリックします。その後、「開始」をクリックしてください。

開始

共有フォルダの代わりに仮想ディスクにバックアップしたいならば、ディスク管理で仮想ディスク(フォーマットされたVHD またはVHDX)を付けます。そして、ファイルエクスプローラでは、データを 仮想ディスクに読み込みし、書き込みすることができます。AOMEI Backupperは、windowsサーバーHyper-V•バックアップソフトウェアとして、宛先ディスクが作動している中に、GPTディスク(UEFIに基づく)からMBRディスク(BIOSに基づく)へのシステム復元、クローンなんて機能もあります。