シンプルな手順でWindows Server 2016のHDDをゴーストします

シナリオ

「この数日前に私はWindows Server 2016をインストールしました。今、HDDに重要なデータが沢山あります。以前私は一度にデータを紛失したことがあるので、HDD上のデータは安全かどうか心配します。データの安全性を保護するためにWindows Server 2016のHDDをゴーストするつもりですが、Windows Server 2016のHDDをゴーストする方法が分かりません。」

実はWindows Server 2016のHDDをゴーストするのはHDDをバックアップすることを意味します。それはHDDに保存したすべてのデータをバックアップできます。HDDにHDD破壊またはウイルス攻撃などの事故が発生するなら、データは壊れたり、紛失したりするかもしれません。バックアップイメージを使用してHDD上のすべてのデータを復元できます。Windows Server 2016のユーザーにとって、HDDをゴーストする方法はホットな話題になります。

Windows Server 2016の内蔵ゴーストツール

Windows 10と比較してWindows Server 2016は最新のWindows ServerのOSです。それはWindows Serverバックアップと呼ばれたツールがりますが、それを使用する前にインストールする必要があります。それはちょっと複雑です。よりシンプルかつ簡単な方法を取得するために、サードパーティ製のソフトウェアAOMEI Backupperを非常にお勧めします。

AOMEI BackupperでWindows Server 2016のHDDをゴーストします

AOMEI Backupperは特にバックアップと復元のためにデザインされたソフトウェアです。それはより簡単な方法があります。AOMEI Backupper Serverを使用して、いくつかの手順でWindows Server 2016のHDDをゴーストできます。

まず、AOMEI Backupper Serverをインストールして起動します。そのフレンドリーなインターフェイスで主な機能が表示されます。HDDをゴーストするために、「バックアップ」タブで「ディスクバックアップ」をクリックします。

ディスクバックアップ

ディスクバックアップはHDD上のすべてのデータをバックアップします。「ディスクバックアップ」をクリックすると、ディスクバックアップのページに移動します。「1」をクリックして、ポップアップでゴーストしたいHDDを選択できます。「追加」をクリックします。そして、「2」をクリックして宛先場所を選択します。外付けHDDまたはUSBのようなフラッシュドライブを選択できます。もし、そんな外付けHDDを持っていない場合、ネットワーク(共有NAS)にバックアップイメージを保存できます。以下の写真のように、ここではUSBにHDDをゴーストします。ソースディスクと宛先場所を選択した後、「開始」をクリックしてこのプログレスを起動します。

ディスク選択

プログレスが100%に達すると、「完了」をクリックします。それで、Windows Server 2016の全体HDDをもうゴーストしました。データ損失は発生したら、イメージを使用して紛失したデータを復元します。

このソフトウェアを利用して、ただ数回のクリックが必要でWindows Server 2016のHDDをゴーストします。実はWindows Server 2016の他にAOMEI BackupperはWindows Server 2000、2003、2008 (R)、2012 (R)のゴーストをサポートします。全体ディスクをゴーストしたくないなら、AOMEI Backupperは自分のニーズによってシステムバックアップ、パーティションバックアップ、ファイル/フォルダバックアップをサポートします。