Windows Server 2016の最高のディスクイメージソフトウェア

ディスクイメージの意味

ディスクイメージは、HDD(ハードディスクドライブ)、SSD(ソリッドステートドライブ)またはUSBフラッシュドライブなどの全体データ記憶装置、パーティションまたはボリュームのファイルのバックアップです。コンピューターユーザーは常にディスククローンを通してディスクイメージを作成します。そうすれば、ディスクの内容と構造をすべて複製したシステムファイルを取得できます。

ディスクイメージはユーザーにとって意味があります。Windows PCあるいはWindows Serverのユーザーに関係なく、ディスクイメージはシステムクラッシュ、コンピュータークラッシュまたは他の事故からデータを保護できます。ディスクイメージファイルを使用してシステムを復元することもできます。

Windows Server 2016にとってディスクイメージは特に重要です。Windows Server 2016は最新のWindows ServerのOSです。多くの会社は既にそれらのシステムをWindows Server 2016へアップグレードしました。しかし、沢山のソフトウェアはこの新しいOSをサポートできません。そのため、ディスクイメージを作成する方法は深刻な問題になります。どのようにデータ損失なしにバックアップ、復元、クローンを実行しますか。

Windows Server 2016向けのディスクイメージソフトウェア

Windows Server 2016のディスクイメージを作成するために、Windows Server 2016の内蔵ツール-バックアップと復元を使用できますが、それは沢山の時間がかかり、大きいスペースを占めます。そのため、よりいいディスクイメージングソフトウェアを見つける必要があります。市場とオンラインショップでWindows Server 2016のディスクイメージングソフトウェアが沢山あります。それらを比較すると、Windows Serverシステムのために特にデザインされたAOMEI Backupper Serverは非常に推奨されます。それは思った以上強力なソフトウェアです。AOMEI Backupper Serverを使用して、Windows Server 2016のディスクバックアップイメージを作成できるだけでなく、ディスクイメージで全体ディスクを復元できます。また、このディスクイメージソフトウェアを使用して、ブータブルディスクを作成したり、システムと単一のファイルをバックアップしたり、自動の増分/差分バックアップを設定できます。

どのようにこのディスクイメージソフトウェアを使用しますか

AOMEI Backupperは使いやすいインターフェイスがあります。それを使用するとただ数回のシンプルなクリックでディスクイメージを作成できます。例を挙げましょう。ディスクイメージを作成するために、まずこのソフトウェアをインストールする必要があります。

ステップ1. このソフトウェアを起動する時、その深い青色のインターフェースを見られます。「バックアップ」タブで「ディスクバックアップ」をクリックします。

ディスクバックアップ

ステップ2. 「1」をクリックして、イメージを作成したいディスクをソースディスクとして選択します。そして、「2」をクリックして、ディスクイメージファイルを保存する他の場所を宛先場所として選択します。ローカルの他のディスク、外付けHDD、ネットワークにもそれらをバックアップできます。

ディスク選択

ステップ3. 操作を確認します。問題がないなら、「開始」をクリックします。ディスクイメージの作成が始まります。ただこのプログレスが完了するまでに待ってください。

すべての操作はとてもシンプルかつ簡単です。最も重要なことはAOMEI BackupperがWindows Server 2012 (R2)、Windows Server 2008 (R2)、Windows Server 2003、ほとんどのすべてのWindows OSをサポートできることです。それはWindow Serverシステムのディスクイメージに最高の選択肢と見なされます。