Windows Server 2011向けのディスクイメージソフトウェア

Windows Server 2011についての分かりやすい紹介

Windows SBS 2011

2010年11月13日、Windows SBS 2011の二つのバージョンがリリースされていました。この二つのバージョンはServer 2008 R2に基づいたもので、WPC 2010の後継者です。Windows SBS 2011Standard 、Windows SBS 2011 Essentialsと名付けられます。そして、SQL Server 2008 R2 のスタンドアロンコピー、Windows Server 2008 R2を含んだ高級版が出回りました。それはWindows SBS 2011 Standardに追加されても、Windows SBS 2011 Essentialsに追加されても、利用できます。

Windows Home Server 2011

「Vail」のコード名付きのWindows Home Server 2011は、2011年4月6日にリリースされました。これはホーム向けのHome Server OS版ですから、いくつかのPCを接続することで、ファイル共有、リモートアクセスなどを提供してくれます。これは「メジャーリリース」と思われていますが、x84-64ハードウェアをサポートするしかありません。

ディスクバックアップと復元の重要性

「data is heart of the enterprise」(データは企業の中心)という諺のように、データは非常に重要ですから、機密データの安全性を無視できません。さらに、コンピューター技術の急速な発展に伴い、ウイルスが段々出現してきます。だから、データの安全性を確保するために、OSの再インストールを避けるために、Windows Server 2011向けに、簡単かつ安全にデータをバックアップ復元できるディスクイメージソフトウェアは必要なものになります。

強力なディスクイメージツール: AOMEI Backupper

AOMEI Backupperは、立派なディスクイメージソフトウェアと思われます。パーティション/ディスクのバックアップ/復元、ディスク/パーティションのクローン、イメージチェック、イメージファイルエクスプローラー、ブータブルCD、CD へのバックアップ、起動可能なCDからの復元などの操作は全部できます。以下はこのソフトウェアのメインインターフェイスです。

メインインターフェイス

上のインターフェイスからみて、操作の説明は非常にわかりやすいです。だから、ユーザーは上記の操作を楽に完了することができます。では、もしWindows向けのディスクイメージソフトウェアがほしければ、このフリーウェア――AOMEI Backupperをダウンロードして、試してみてください!