Windows Server 2003バックアップソフトでイメージを作成する

Windows Server 2003バックアップソフト、AOMEI BackupperはほとんどのWindows OSに対応してデータのバックアップを行うこと、イメージを作成することができる最善のツールです。

Windows Server 2003について

Windows Server 2003はマイクロソフトがWindows 2000 Serverの後継として開発した小規模~大規模サーバ用のオペレーティングシステム (OS) です。2005年6月にx86プロセッサの64ビット拡張に対応したWindows Server 2003 x64 Editionsがリリースされ、同年12月にWindows Server 2003 R2がリリースされた。

マイクロソフトはこのバージョンにおける新しいツールや特徴・機能を「Feature Packs」という形で無償ダウンロードすることを提供します。異なるニーズを満たす為にWindows Server 2003のエディションの種類も様々です。例えば:

  • Standard Edition
  • 中小企業向けまたは大企業等で利用されるファイル サーバーやプリント サーバーを目的とした小規模サーバー用途である。

  • Enterprise Edition
  • SQL Serverの使用やeコマースを目的としたバックエンド サーバー用途である。Standard Editionと比べてクラスタリングなどの高度な機能をサポートしている。

  • Datacenter Edition
  • 高度な信頼性や拡張性、可用性が必要な環境で使用される。

データのバックアップ

パソコン環境にイメージを作成するのはデータのバックアップです。それはウィルス感染・データ破損・ 機器故障などの事態に備えてデータのコピーを取り、別のデバイスに保存することです。不測の事態が発生した場合、別のデバイスに保存されたデータを再利用できるようにイメージを使って元のデータを復旧する必要があります。個人の方が外付けHDDに1つのファイルをバックアップ するのも、企業でデータベースシステムをバックアップするのも、基本的な考え方は同じです。

だから、万が一に備えて、Windows Server 2003のイメージバックアップを行いましょう。次は最善のバックアップソフトでWindows Server 2003イメージを作成する手順を紹介します。

Windows Server 2003バックアップソフト:AOMEI Backupper

AOMEI Backupper ServerはWindows Server向けの強力なバックアップソフトです。イメージ作成に4つの方法を使うことができます:システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップ。ここでは「ファイルバックアップ」を例としてWindows Server 2003のデータバックアップを行いましょう。

手順1.このWindows Server 2003バックアップソフトをダウンロードしてインストールします。

手順2.起動した後、「バックアップ」→「ファイルバックアップ」をクリックします。

ファイルバックアップ

手順3.「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックしてバックアップしたいファイルやフォルダを選択します。

ファイルを追加

手順4.バックアップ先(外付けHDDやUSBメモリー、DVD-Rなどの外部記憶装置や、ネットワークの共有フォルダー、クラウドストレージなど)を指定します。

バックアップ先

手順5.「開始」をクリックします。これでWindows Server 2003のイメージバックアップが完了しました。

上のスクリーンショットから見て、AOMEI Backupperはスケジュールバックアップを提供します。特定の曜日や時刻、イベントにフル/増分/差分バックアップを自動実行できます。また、「オプション」でイメージを圧縮、分割、暗号化することもできます。

データバックアップと復元の他に、AOMEI Backupperは、「イメージをチェック」、「イメージファイルを検索」、「ブータブルメディアの作成」など機能を備えています。

関連記事: