Windows Server2012用のディスククローンソフトウェアの紹介

ディスククローンソフトウェアは何ができますか

基本的に、クローンソフトウェアは2つの主要なタスクの為に、デザインされました:ディスククローンとパーティションクローン。AOMEI Backupper Serverを例として、ディスククローンパーティションクローンの必要性が下のように記載されます。

クローン

ディスククローンの利点:ディスククローンの利点:HDDをアップグレードしたい場合、ディスククローンは古くて小さなHDDを新しくて大きなHDDに移動することを手伝うことができます。この機能は、ディスクの全体データを他のディスクに移動することもできます。例え、SSDにHDDを移行します。ディスククローンで移動した後、再インストールなしでアプリケーションとOSを使用することができます。

パーティションクローンの利点:パーティションクローンは、オペレーティングシステム特にWindows Server 2012のクローン用の完璧な機能であるので、この記事のトピックになっています。パーティションクローンは1つのパーティションをローカルディスクと外付けHDD両方にクローンすることを許せます。ほとんどのケースにパーティションバックアップを使用する条件:ディスククローンがニーズを満たさない時、いくつかのプログラムを実行し、システムはコピーと貼り付けを使用することを禁止する時、回復中にパーティションに二次傷害を避ける為にファイルを復元する前に、パーティションバックアップイメージに二重保険を作成したい時。

Windows Server 2012ディスククローンソフトウェアのアドバイス

Windows Server 2012ディスククローンの資格があるソフトウェアは少なくとも2つの基本的な機能があります。まず、パーティションクローンができなければなりません。Windows Server 2012が特定のパーティションに位置するので、OSをクローンしたい場合、全体ディスククローンの代わりにOSをインストールされたパーティションだけをクローンする必要があります。そして、ソフトウェアはセクター単位のクローンの機能を装備する必要があります。セクター単位のクローンはファイルレベルクローンの高度なバージョンで、通常のバージョンよりも慎重かつ高速に動作します。

Windows Server 2012クローン向けのAOMEI Backupper

この記事の最初部分、AOMEI Backupper Serverの説明を参考して、AOMEI Backupper ServerはWindows Server 2012のためのプロクローンプログラムであることをすぐに分かっています。更に、他のWindows Serverオペレーティングシステムバージョンも適用です。これは、2つのクローンオプションタイプ(ディスククローンとパーティションクローン)だけでなく、セクター単位のクローンも提供します。それ以上に、最も驚いたことは、パーティションのサイズを編集することができることです。ところで、30日間にAOMEI Backupper Serverの機能を無料で使用してみてもいいです。

操作概要

一言で、AOMEI Backupper ServerはWindows Server 2012ための使用可能なクローンソフトウェアで、またプロバックアッププログラムです。これは、クローンタスクとバックアップタスクの両方に価値があります。

ページをダウンロード