Windows Server自動的に古いバックアップを削除する

Windows Serverバックアップについて

Windows Serverバックアップ(WSB)は、Windows Server以前のバージョンに内蔵されたNtbackupバックアップツールの代わりとして、Windows Server 2008に初めて導入されました。それは、フルサーバー、システム状態とボリュームをバックアップすることができます。Windows Server 2008 R2や以後のバージョンに、Microsoftは新しい機能を追加しました。特定のファイルやフォルダをバックアップに含めことができるし、Windows Server自動的に古いバックアップを削除できるし、より速くて、小さい増分バックアップを作成できるし、Windows Serverバックアップはグラフィックユーザーインターフェイス(GUI)またはコマンドラインから使いやすい機能です。

WSBの自動ディスク容量の管理

新しいバックアップに不十分なスペースを検出したら、より多くの領域を解放する為に、Windows Serverバックアップはデフォルトで自動的に古いバックアップを削除します。バックアップを実行する前に、Windows Serverバックアップはスナップショットの作成の為に、ストレージスペースを割り当てます。次のスケジュールバックアップは起動する時、それはスナップショットのスペースを縮小し、古いバックアップと対応のスナップショットを削除します。

しかし、スナップショットのローカル領域を縮小することを利用して、十分なスペースをまた得ない時、Windowsは、ユーザーが新しいバックアプを作成する為に、全ての古いバックアップを失おうとすると思わないので、バックアップは、ターゲットドライブはディスク領域が不足ですというメッセージで失敗します。 この状況に、コマンドラインから手動で古いバックアップを削除する必要があります。コマンドプロンプトで「wbadmin delete systemstatebackup」を使用することができます。Windows Serverバックアップは他の種類のバックアップを削除することを許しませんが、回避策としてシャドウコピーを削除することができます。だから、Windows Serverバックアップディスク容量の管理は見た目ほど完璧じゃありません。自動的に古いバックアップを削除するより合理的な方法がありますか。

より柔軟な方法で自動的に古いバックアップを削除する

AOMEI Backupper ServerはWindows Server向けの強力なバックアップと復元ツールです。それは、より柔軟なオプションでシステム/ディスク/パーティション/ファイルとフォルダのバックアップに使用します。スケジュールフル/増分/差分バックアップを設定した後、ディスクスペースの管理が前のイメージバックアップを好きなように自動的に削除することができます。

ディスクスペースの管理でサーバーをバックアップします:

1. AOMEI Backupperをダウンロードして、インストールし、起動します。

2. 「バックアップ」タブで、バックアップのタイプを選択します。システムバックアップを例としましょう。

システムバックアップ

3. それは、自動的にシステムパーティションをバックアップに含みます。イメージバックアップを保存する場所(バックアップ先)を選択します。

宛先場所

4. 「スケジュール」をクリックして、スケジュールバックアップタスクを設定します。バックアップが毎月、毎週、毎日、またはより頻繁に実行することを設定できます。詳細タブに、フル、増分と差分バックアップを実行するのを選択できます。

スケジュール

5. スキームオプションをクリックして、ディスクスペースの管理を有効にします。古いバックアップを削除するために、5つのスキームタイプを提供します。

バックアップスキーム

6. 開始をクリックして、このスキームを追加しますか、または一度それを実行しますか。

開始

前述のように、 Windows Serverバックアップは、たくさんのバックアップを削除した後、自動的に古いバックアップを削除することが失敗するかもしれません。AOMEI Backupperのディスクスペースの管理で、ターゲットスペースが不充分なことを心配せずに、大胆に操作します。しかも、AOMEI Backupper は、HDDのクローンを作成し、SSDにOSのみを移行するのに使用します。