Windows Server 2016のシステムイメージバックアップを作成します

Windows Server 2016のWindows Serverバックアップ

Windows Serverバックアップ(WSB)はWindows Server 2016/2012 R2/2012/2008 R2/2008の内蔵バックアップツールです。いつでも必要がある時、それは基本的なバックアップを作成し、回復タスクを実行するウイザードを提供します。新しいWindows Server 2016は問題がある可能性が高いのでWindows Server 2016のシステムイメージバックアップの作成はより重要そうです。WSBを使用して、フルサーバーバックアップ(すべてのボリュームを含む)、指定されたボリュームやパーティションバックアップ、システム状態バックアップ、指定されたファイルやフォルダバックアップを実行できます。Windows Server 2012以降、WSBは4Kセクター高度なフォーマットのHDDと2TB以上のパーティションをサポートします。そのため、フルサーバーバックアップをより簡単に作成できます。もし、ディスク障害、システムクラッシュのような悪いことが発生する場合、ベアメタル回復を実行してデータ損失を心配せずにすべてのことを回復できます。

WSBでWindows 2016システムイメージバックアップを作成します

Windows Serverバックアップを使用する前にまずそれをインストールする必要があります。「サーバーマネージャー」をクリックして、「役割と機能の追加」をクリックします。そして「役割と機能の追加ウィザード」が起動しますので、「役割ベースまたは機能ベースのインストール」を選択します。「Windows Serverバックアップ」をチェックして、「インストール」をクリックします。沢山の時間がかからないインストールが完了した後、スタートをクリックして、管理ツールをクリックします。そして「Windows Serverバックアップ」を選択します。

1. 操作タブで1回限りのバックアップのために「単発バックアップ」をクリックします。「次へ」をクリックして単発バックアップウィザードを続けます。スケジュールバックアップを作成したい場合、「バックアップスケジュール」を選択できます。

Windows Serverバックアップ

2. バックアップの構成のために「カスタム」をチェックして「次へ」をクリックします。

3. 「項目の追加」オプションをクリックします。次のスクリーンで「ベアメタル回復」をチェックします。ベアメタル回復のために要求された項目を自動的にチェックします。「OK」をクリックします。

バックアップする項目選択

4. イメージバックアップを保存する宛先場所を指定します。「ローカルドライブ」または「リモート共有フォルダ」を選択できます。


5. WSBは「確認」スクリーンを表示します。問題がないなら、「バックアップ」をクリックしてWindows Server 2016のためにイメージバックアップを実行します。

確認

Windows Serverイメージバックアップが完了するまで長い時間がかかります。バックアップが完了すると、他のバックアップを作成したい場合、他の場所を宛先として指定しなければなりません。新しいバックアップは同じ場所で前のものを上書きします。作成されたものはスケジュールバックアップタスクである場合、新しいスケジュールバックアップを作成したいならスケジュールバックアップを修正し、削除できます。これらの制限を外したいなら、サードパーティ製のバックアップソフトウェアを使用できます。

サードパーティ製のソフトウェアでServer 2016システムイメージをバックアップします

強力なWindows ServerバックアップツールAOMEI Backupper Serverはただ数回のクリックでシステムイメージバックアップを実行できます。NTFSだけでなくそれはFAT32、FAT16、EXT2、EXT3をサポートします。それは好きなようなスケジュールバックアップの数を維持できます。また、それは以前のバックアップを削除せずにファイルエクスプローラで検出できる任意の場所を使用できます。その直感的なインターフェイスで、イメージバックアップを簡単に作成できます。

1. Windows Serverバックアップソフトウェアをダウンロードして、インストールし、起動します。

2. 「バックアップ」タブで「システムバックアップ」を選択します。スクリーンショットから見るようにユーザーのニーズを満たすために4つのバックアップ種類を提供します。

バックアップタブ

3. システムイメージを保存する場所(バックアップ先)を選択します。このプログラムは自動的にシステムバックアップに要求されたパーティションを選択します。スケジュールバックアップを作成する必要がある場合、手順に従って「開始」をクリックする前に「スケジュール」ボタンをクリックしてバックアップスケジュールを設定できますまた、フル/増分/差分バックアップも設定できます。

バックアップ先

4. 「開始」をクリックしてシステムイメージバックアップを始めます。

開始

要するに、AOMEI BackupperはWindows Server 2016のシステムイメージバックアップを作成します。バックアップタスクが完了すると、それを使用して同じハードウェアサーバーまたは異なるハードウェアに復元できます。ブータブルメディアまたはAOMEI PXE Toolを作成する機能で、コンピューターが起動できない場合、サーバーを簡単に復元できます。