Windows Server 2008システムイメージバックアップを作成

システムイメージバックアップの必要性※

わけのわからない理由のせいで写真、ビデオ、ゲーム、貴重なドキュメントなどのデータ損失に遭ったことがある人が少なくないです。システムクラッシュはもっと解決し難いデータ損失の一種です。こんなことにあったら、問題解決はともかくとして、コンピュータの起動も無理になってしまいます。時間が経つにつれて、ハードドライブは急に作動しなくなることもあります。その場合、旧HDDでシステムを修復する方法はわからないので、新HDDに置き換えなければなりません。しかし、ビデオ、音楽のコピーとか、別のストレージデバイスに保存させるとかのこと以外、ただのコピー、貼り付けでブートについてのシステムバックアップはできません。普通のユーザーにとって、第三者ソフトウェアで問題解決したほうが楽です。ここでは、AOMEI Backupper Server をお勧めします。こうして、システムイメージ作成だけでWindows Server 2008をバックアップするようになります。

システムイメージバックアップ作成方法

以下の手順に従ってください:

ステップ 1: AOMEI Backupper Serverをダウンロードし、起動する。メイン ・ インターフェイスで「バックアップ」を選択し、「システムバックアップ」をクリックする。

バックアップ

ステップ 2: 以下の画面ではファイルバックアップ先として場所を選択する。【Backupperは自動的にシステム、ブートファイルを検出し、選択するので、自分で選択する必要がないようにご注意してください】

注:

1. バックアップオプションでは、暗号化や圧縮レベルなどの詳細設定を行うことができます。

2. スケジュールでは、最新のシステム状態イメージを保存する時間を設定したら、予約済みバックアップタスクが自動に行われることができます。

3. スキームでは、可選択方法を提供します。時間と空間を減少するための方法もありますから、要求によって、選択してください!もし困っていることがあれば、こちらを参照してください。

バックアップ先

手順 3:「開始」をクリックし始めます。時間長さは、デバイスやシステムファイルのサイズによって異なります。勿論、プログラムをシャットダウンまたはPCを再起動することもできます。

設定

バックアップが完了した後は、「ホーム」でイメージファイルを確認できます。復元をクリックすると、プログラムは自動的にイメージファイルの種類によって、適切な方法にします。

システムイメージ

上述は、システムイメージ作成でWindows Server 2008 をバックアップする方法です。バックアップされたイメージで任意のディスクにServerを復元することができます。ただし、最初から別のHDDにシステムを移行するつもりがあれば、クローン機能はより便利です。