Windows Server 2011システムイメージバックアップを作成する方法

なぜ! Windows Server 2011システムイメージバックアップを作成?

Windows Home Server (WHS) 2011 、 Windows Small Business Server (SBS) 2011は良好性能で非常に人気があること。Windows server 2011のハードドライブでたくさんのデータを保存しているユーザーが多いです。しかし、データセキュリティの心配は来ました。所詮、システムクラッシュはデータ損失、システム再インストール、ホームワークステーションまたは小規模ビジネスへの損傷などのトラブルをもたらします。そんなトラブルを起こさないように Windows Server 2011システムイメージバックアップを作成することは最高方法です。

Windows Server 2011システムイメージバックアップを作成する方法は?

WHS 2011 と SBS 2011 バックアップ内蔵ツール――Windows Server Backupではシステムイメージバックアップを作成することができます。Windows Server Backupを開く――「Backup Schedule...」と「Backup Once...」 2 種類があります。

Windows Server Backup

しかし、Windows Server 2011システムイメージバックアップを作成するツールを使用する場合に、エラーコードで失敗する恐れがあります。例えば:

  • SBS 2011 backups failing- VSS Error 0x800423F3- Event ID 8230
  • WHS 2011- backup failed, unable to create a volume snapshot「ボリュームスナップショットを作成できない」

さらに、このツールではシステムイメージを圧縮できません。イメージが大きすぎる場合に、宛先場所に大きな容量を占めます。シンプルな手順で上述の問題を解決し、より小さなイメージファイルを作成するつもりがあれば、ここではただ何回のクリックして、圧縮機能でWindows Server 2011 (WHS2011、SBS2011)システムイメージバックアップを作成するソフトウェア――AOMEI Backupper Serverを強くお勧めします。

ステップ1. AOMEI BackupperServerをインストールし、起動します。左側のペインで [バックアップ]をクリックし、「システムバックアップ」を選択します。

バックアップ

ステップ2. システムバックアップなら、システムファイルは既定に選択されています。するべきことは「ステップ2」をクリックし、システムイメージバックアップの保存先を選択します。勿論、自分の要求によると、別のローカルパーティション、外付けハードドライブ、NAS(ネットワークストレージ)から一つにすることができます。ここでは D:\ を宛先とします。

システムバックアップ

ヒント: もしシステムイメージをより小さな一つに圧縮する必要があれば、「オプション」をクリックし、「圧縮」を選択します。勿論、自分の要求によって、選択も違います。ここでは「ノーマル」にするようにお勧めします。

圧縮

ステップ3. すべてが終わった後、「はい」をクリックし、「システムバックアップ」ページへ戻って、「開始」 をクリックし始めます。100 %に到達してから 「完了」 をクリックします。

windowsバックアップ内蔵ツールと比較して、このソフトウェアでは、Windows Home server 2011 と Windows Small Business Server 2011向けバックアップ問題を全部解決することができます。その他、 Windows server 2011システムの復元、ファイル/フォルダのバックアップ、ファイル同期などの機能も提供します。では、ダウンロードし、使用してみよう!