新しいHDDにWindows Server 2016をクローンする方法

なぜ新しいHDDへWindows Server 2016のクローンが必要ですか

Windows Server 2016を新しいHDDにクローンするのはOSを保護する良い方法です。サーバーは中小企業で人気があります。マシンに重要なデータとアプリケーションが沢山あります。ハッカー/ウイルス攻撃などの沢山の原因でコンピュータークラッシュまたはシステムエラーを起こして、コンピューターを起動できなくて、多くの重要なデータが紛失するかもしれません。データが紛失し、システムがクラッシュすると、それはビジネスまたは会社に大きなダメージをもたらします。事前に新しいHDDにWindows Server 2016をクローンする場合、HDDを使用してOSを復元できます。システムとアプリケーションを再インストールする時間を沢山節約できます。

Windows Server 2016のクローンは他の問題を解決できます。例えば、新しいコンピューターへ変更したくて、または古いHDDを新しいドライブへ変更したい場合、新しいHDDにWindows Server 2016をクローンできます。そのため、もう一度OSとアプリケーションをインストールする代わりに、古いシステムを直接に使用できます。

新しいHDDにWindows Server 2016をクローンする方法

Windows Server 2016の内蔵ツールWindows ServerバックアップはHDDにローカルバックアップを作成することをサポートしますが、新しいHDDにOSを転送するためにすべてのWindows Server OS向けのソフトウェアAOMEI Backupper Serverを使用できます。それはいくつかの手順で新しいHDDにOSを転送できます。次の内容はこのソフトウェアで新しいHDDにWindows Server 2016をクローンする方法です。

ステップ1. AOMEI Backupper Serverをインストールして起動します。新しいHDDを挿入して、それを検出できることを確認します。ディスクを使用できるために事前にそれを初期化する必要があります。「クローン」タブで「システムクローン」をクリックします。

システムクローン

ステップ2. システムクローンはデフォルトでシステムパーティションをソースパーティションとして選択します。そして、宛先場所を選択する必要があります。「ディスク1」をクリックして、「次へ」をクリックします。

宛先パーティション

ステップ3. 操作概要のページに移動します。すべての操作を確認できます。問題がないなら、「開始」をクリックして、それを実行します。

確認

ヒント: ウィンドウの下で「セクター単位のクローン」と「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」2つのオプションを見つけるかもしれません。「セクター単位のクローン」は使用されたかどうか関係なくパーティション上のすべてのセクターをクローンします。それはより多い時間とより大きい空間がかかります。だから、それをチェックすることを推薦しません。でも、SSDにWindows Server 2016を転送する場合、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」をチェックすることを非常に推薦します。それはクローンの後SSDの性能を自動的に最適化できます。

進行状況は100%に達すると、「完了」をクリックします。それで、新しいHDDへWindows Server 2016のクローンを完成しました。クローンの他にAOMEI Backupper Serverは他の有用なユーティリティを沢山持っています。例えば、システムバックアップと復元、ファイル同期、ブータブルメディアの作成などです。