Windows Serverのシステムディスクをクローンする方法

なぜシステムディスクをクローンするか?

今の情報化時代で、データはますます重要な役割を果たしています。だから、適切なデータ保護は必要になります。一般的に言えば、システムディスクをクローンする理由は二つあります。

  • 1.システムディスクを別のドライブ、ディスク、または外付けハードドライブ(HDD)にクローンしたら、OS(オペレーティングシステム)に問題がある場合、Windows の再インストールを避けるようになります。
  • 2.コンピュータに保存されているファイルやデータの増加に伴い、「ディスク容量不足」問題に直面するユーザーは多くなってきます。こういう状況では、大きい新HDD(ハードディスクドライブ)またはSSD (ソリッドステートディスク) を購入するなら、OS、一部のアプリを再インストールせずにシステムディスクをクローンすることができます。

その同時に、データを保護、ハードディスク(HDD)のアップグレードを確保できるために、Server 2003または2008のシステムディスククローン用のツールを選択するのは重要なことになります。ここでは、強力な無料クローンプログラム――AOMEI Backupperを強くお勧めします。

クローンソフトウェアの機能

AOMEI Backupperは、立派な無料クローンソフトウェアとして、Server 2003/2008向けに設定された機能がたくさんあります。まず、このソフトウェアのメインインターフェイスを見てみましょう。

メインインターフェイス

機能と言えば、3 つの主な機能といくつかの補助機能に分けます。主な機能は、ディスク/パーティションクローン、バックアップと復元を含めます。補助機能は、ブータブルCD、イメージチェック、イメージファイル検索など含めます。

上述のこと見た後、このフリーウェアについてある程度の理解があるはずです。では、このフリーウェアをダウンロードして困っている問題を解決しましょう!