Windows Server 2011のHDDをクローンする最高のツール

Windows Server 2011のHDDをクローンする原因

HDDのクローンは、ソフトウェアまたはハードウェアで今のHDDから別のHDDに全部のものをコピーすることです。更新または復元などの状況でHDDのクローンは必要なことになります。こうして、新たなHDDでOSやインストールされたソフトウェアを再インストールせずに、すぐ使用することができます。システムを回復すると同時に、HDDのクローン機能も使用できます。そして、イメージファイルで元の内容 を一掃して、システムを復元しますし、HDDに残っているウィルスも排除します。

企業にとって、Windows SBS 2011に大切なファイルがたくさんあります。ホームにとって、Windows Home Server 2011に貴重な家族の写真、好きな音楽、ビデオなどあります。企業でもホームでも、HDDのクローンは、システムのクラッシュ、ウイルスまたはヒューマンエラーからのデータ損失を避ける最高の方法の一つです。

AOMEI BackupperでWindows Server 2011のHDDをクローンする

もしプロのサーバーHDDクローンツールを探していれば、サーバーシステム向けのAOMEI Backupperサーバー版 をここでお勧めします。これはデータ保護と損害復旧用のプログラムのみならず、先進的なディスク/パーティションクローンのソフトウェアです。そして、Windows SBS 2011/2003/2008,Server 2003/2008/2012 や全てのWindows PCシステムをサポートします。明らかなインターフェイスと簡潔な手順では、コンピュータの初心者でも楽に操作できますし、他のシステムにも適します。では、Windows Server 2011のHDDをクローンする方法を一緒に勉強しましょう!

AOMEI BackupperでWindows Server 2011のHDDをクローンする方法

注:

  • 大きなディスクを小さな一つにクローンすることができます。その前提は宛先ディスクの容量はソースディスク上のすべての有効なデータを格納するほど充分大きいということです。AOMEI Backupper はこの問題を事前にチェックします。
  • 宛先ディスク上のデータが上書きされないように大切なデータをバックアップしたほうがいいと思いま す。
  • もし宛先ディスクはダイナミックディスクのなら、まずこのディスクを基本ディスクに変換してく ださい!

ステップ1: AOMEI Backupperサーバー版 をインストールし、起動します。「ディスククローン」をクリックしてください。

ディスククローン

ステップ2: ソースディスクを選択します。

ソースディスク

ステップ3: 宛先ディスクを選択します。

宛先ディスク

ステップ4: 設定を確認し、開始してください。

オプション

ヒント: 「パーティションのサイズを編集」にしたら、パーティションのサイズを変更します。「セクター単位のクローン」にしたら、データを丸ごとコピーします。宛先ディスクはSSDである時、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」にしたら、読み込み速度と書き込み速度は速くなります。

ステップ5:終わってから、「完了」をクリックします。

AOMEIで、いくつかのクリックだけでほぼの操作ができます。クローンの他に、システムバックアップ,起動可能なメディアの作成のような他の機能もあります。コンピュータの安全のために、このソフトウェアを使用したほうがいいとお勧めします。