異なるハードウェアへのベアメタル回復

ベアメタル回復は何ですか?

異なるハードウェアへのベアメタル回復は何かを理解する為に、まずベアメタル回復は何かを知っていたほうがいいです。ベアメタル回復(または別称:BMR)は、異なるハードウェア構成や仮想サーバーに復元する能力があります。例えば、物理的なシステムを仮想やクラウドプラットフォームに復元することができて、逆にもできます。ベアメタル回復はOS、アプリケーション、データベースおよびファイルを含むフルシステム回復ができます。

いつベアメタル回復が必要ですか?

上述のように、ベアメタル回復は全体システムを異なるハードウェアにリカバリーする能力を提供します。これは災害復旧シナリオや移動操作によく使用されます。例えば、パブリックやプライベートクラウドへの移動を容易にする場合、また災害を避ける為に、新たしいハードウェアを展開する場合に使用されます。

次は、異なるハードウェアへのベアメタル回復が必要である場合(よく見られる状況):

  • 新しいマシンを購入する。
  • Windowsは起動できない(システムエラー)。
  • ウイルスがWindowsシステムを破壊する。
  • ハードドライブの障害やシステムクラッシュ。
  • サーバーハードウェアの更新。
  • ソフトウェア更新の災害。
  • 死のブルースクリーン。

どのように異なるハードウェアへのベアメタル回復を実行しますか?

次は、異なるハードウェアへのベアメタル回復を実行する方法を教えています。このタスクを完成する為に、まずツールを所有する必要があります。ここは、沢山の中小企業はマシンにWindows Server 2008や2008 R2を実行するので、AOMEI Backupper Serverを試すのをお勧めします。

AOMEI Backupper ServerからのBMRを使用すると、イメージを復元して、データの破損やハードウェア障害に反応することができます:

1. 元のシステムに戻る

2. 同様のハードウェア構成で違うマシンへ

3. 全然違うハードウェア構成で違うマシンへ

最後の機能が重要です–AOMEI Backupper Serverは「ユニバーサル復元」と呼ばれる強力な機能があります。これはBMRソリューションの鍵です。異なるハードウェアを広くサポートして、面倒な作業を大きく減少することができます。つまり、新しいマシンにイメージを復元する前にドライブを提供、またはインストールする必要性を低減できます。

AOMEI Backupper Serverを使いやすいです。このツールを公式サイトからダウンロードして、インストールします。古いマシンに起動して、システムバックアップを実行します。そして、異なるハードウェアのインストールがある新しいマシンに、AOMEI Backupper Serverを再起動します。システム復元を選択して、毎ステップがガイドを持って、いくつかの「次へ」をクリックした後、最後ステップにいきます。ここは、「ユニバーサル復元」と呼ばれるオプションがあり、それをクリックします。そして、「開始」をクリックして、ちょっと待って、目標を達成することができます。

AOMEI Backupper Serverに関する詳細

AOMEI Backupper ServerはWindows Server OSの為に、特別にデザインされ、Windows Server 2008だけでなく、Windows Server 2012 (R2)、Windows Server 2003、Windows SBS 2003、2008、2011もサポートできます。また、Windows PC OSにもうまく行けます。現在、AOMEI PXE Boot Toolという名前の新しい内蔵ツールを開発して、HDD、CD/DVD-ROMやUSBフラッシュドライブなしで、ネットワークを介して、LAN内の複数のコンピューターを起動できます。AOMEI Backupper Serverで、この機能とユニバーサル復元を混ぜて使用できます。ですから、AOMEI Backupper Serverは最高、専門の実践プログラムです。

結論として、異なるハードウェアへのベアメタル回復は、システムクラッシュ、ドライブ障害やサイト全部損失の後、異なるマシンにクラッシュシステムを回復するによって、コンピューターを再構築する迅速かつ効率的な方法です。OMEI Backupper Serverの助けを借りて、大量時間がかかる操作を減らすことができます。