NASデバイスにWindows Server 2016をバックアップする方法

Windows Server 2016バックアップ

Windows Server 2016は企業で人気があります。多くの会社は既にオフィスのOSをWindows Server 2016へ変更しました。しかし、Windows Server 2016はコンピューターあるいはシステムの安全性を保証できません。そして、コンピューターまたはシステムは壊されるかもしれません。システムを保護するために、Windows Server 2016のバックアップは最高の方法です。外付けHDDにそれをバックアップできます。また、ローカルの他のドライブ、NAS(ネットワークアタッチトストレージ)にバックアップすることもできます。

NASへWindows Server 2016のバックアップは多い利点があります:

  • 外付けHDDを準備する必要がありません。それは確かにサーバーのコストを削減できます。
  • NASに保存するバックアップイメージを利用できます。ネットワークを介して、他の多くのコンピューターにシステムを復元できます。それはシステムを一つずつインストールする大量の時間を節約できます。
  • NASを通して、ファイルを共有できます。

それに、NASは災害復旧、ネットワークプリンター、メディアサーバーなどの機能が沢山あります。こんなに多い利点を持ったら、すぐにNASにWindows Server 2016をバックアップしたいかもしれません。でも、どのようにNASにWindows Server 2016をバックアップしますか。

AOMEI Backupper ServerでNASにWindows Server 2016をバックアップします

シンプルかつ簡単な方法でNASにWindows Server 2016をバックアップするために、AOMEI Backupper Serverソフトウェアを非常に推薦します。それは簡単な操作でNASへのバックアップを実現できます。

ステップ1. それをインストールして、起動します。このソフトウェアの深い青色のインターフェイスを見られます。「バックアップ」タブで「システムバックアップ」をクリックします。

ステップ2. そして、それはシステムバックアップの主なインターフェイスを表示します。それは自動的にシステムパーティションをソースパーティションとして選択します。だから「2」をクリックして、他の場所を宛先パスとして選択すればいいです。

ステップ2クリック

ステップ3. ポップアップで「Share/NAS」をクリックします。

Share NAS

ステップ4. 「Share/NAS デバイスを追加」をクリックします。

Share NAS追加

ステップ5. ブランクがある新しいポップアップが出て、バックアップイメージを保存するためにブランクで情報を入力する必要があります。入力したパスを覚えてください。この後それを使用できます。

パス入力

ステップ6. そして、ステップ2のページに戻ります。「開始」をクリックして、確認された操作を実行します。このプログレスが100%に達するまでに少々お待ちください。

ヒント: ウィンドウの下部で3つのオプションがあることを見つけるかもしれません。

オプション: バックアップのより多い要求を設定できます。例えば、操作のためにコメントを追加できます。

スケジュール: 自分のニーズにより、デイリー、ウイークリー、マンスリー、イベントトリガーの自動的な増分/差分バックアップを設定できます。

スキーム: バックアップのスキームを作成できます。

AOMEI Backupper Serverはいくつかのシンプルな手順でNASにWindows Server 2016をバックアップできます。また、AOMEI Backupperは他の多い機能を提供します。例えば、ファイル同期、システムクローン、システム回復、システム回復、ブータブルメディアの作成などです。