Windows Server 2008 (R2)を外付けHDDにバックアップする方法

なぜWindows Server 2008 (R2)を外付けHDDにバックアップする

コンピューターユーザーにとって、バックアップはよくあるものです。データの安全性を維持するため に、別の場所へバックアップしたほうがいいです。ローカルディスク、CD/DVD、NAS/ネットワーク、ま たは外付けHDDにバックアップする時に、バックアップイメージファイルを作成ことができます。 Windows serverなら、外付けHDDへのバックアップは何よりの方法だと思われます。特に、Windows Server 2008はよく商用の上で使用されますから、大切なデータがたくさんあります。外付けHDDへのバ ックアップはしなくてはならないことになります。例えば、旧HDDを更新するつもりがあれば、外付け HDDへのバックアップは、システム、プログラムの再インストールなどの問題がなくなってしまいます 。この外付けHDDでただ数分かかって回復するようになります。その他に、システムクラッシュ、ウイ ルス、ハッカーの攻撃、間違った操作、HDD破損、自然災害、Windows サーバーが起動しないなんでこ とも起こる可能性もあります。その前、外付けHDDに保存されているイメージでデータの安全性を維持できます。

WindowsスナップインツールでWindows Server 2008を外付けHDDにバックアップする

Windows 2003 とは異なり、Windows 2008に内蔵バックアップソフトウェアがありません。だから、1. 機能追加のウィザードで Windows Server バックアップをインストールします。2. スタート->マネージャーツール-> Windows Server Backupをクリックして、開きます。3.自分の要求によって、スケジュールバックアップまたは1 回限りのバックアップを選択します。4.「次へ」をクリックし、宛先場所(ここで は、外付けHDDのこと)を選択します。

ただし、このWindows 2008スナップインバックアップツールには制限があります。

  • 管理者またはバックアップオペレーターグループのメンバーになる必要があることです。
  • システムをWindows Server 2008に更新したら、作成されたバックアップは更新できなくなりますから、設定を変更する必要があります。
  • NTFS のものをバックアップできるしかありません。
  • スケジュールバックアップは、専用ディスクを作動できます。

しかし、第三者サーバーバックアップソフトウェアで上述の問題を解決できます。安全性や価格を考え ると、ここでAOMEI Backup Serverをお勧めします。

Windows Server 2008向けのAOMEI Backupper Server

まずAOMEI Backupper Server について、少々説明させていただきます。このソフトウェアの機能は完善 で、バックアップ、クローン、復元なんてできます。操作は簡単で、ユーザーから好評をたくさんもら っています。だから、AOMEI Backupper Server でWindows Server 2008から外付けHDDへのバックアッ プも操作しやすいことです。その前提は、充分大きな外付けHDDを準備します。では、ステップを説明 します。

ステップ 1. AOMEI Backupper サーバー版をインストールし、起動します。メインインターフェイスを 開いて、バックアップの種類を選択します。ここでは、「ディスクバックアップ」を例として説明します。

バックアップ

ステップ2.  「ディスクバックアップ」をクリックして、以下の画面で、詳細を設定します。通常に、宛先ディスクを選択しますが、ここでは、外付けHDDを選択して、 「開始」をクリックします。

ディスクバックアップ

ヒント:

もし暗号のような詳細を設定したいのなら、ステップ2でバックアップオプションをクリックします。

終わってから、「完了」をクリックします。

明らかなインターフェースでは、操作は簡単になります。コンピュータ音痴でもこのソフトウェアでた だ数分かかってWindows Server 2008を外付けHDDにバックアップすることができます。30日間の無料体験版があります!ダウンロードして使用してみてください!