簡単かつ安全にHyper-V Windows Server 2012 をバックアップする方法

Windows Server BackupでHyper-V Server 2012をバックアップ

我々が知っているように、Windows Server 2012に新機能がある——Hyper-V はWindows Server Backup (WSB)をサポート。WSBを使用して、Windows Server 2012のHyper-Vで作動している仮想マシンをバックアップ、復元することができます。では、Windows Server BackupでHyper-V Server 2012をバックアップする方法は?

方法 1: 作動しているHYPER-V2012のサーバーからバックアップを実行する

もしバックアップアプリケーションは、HYPER-V Server 2012 と互換性があったら、仮想ネットワークを除いて、そのserver backup機能で完全バックアップすべきサーバー上のデータを保存するようになります。最も重要なことは、この方法では仮想マシンを再作成するまたは、Hyper-V Serve 2012を再インストールする必要がないので、サーバーのバックアップを復元することを簡単にさせます。

方法2:仮想マシンのゲストオペレーティングシステムからバックアップを実行する

Hyper-V Serverからサポートされていないストレージからデータをバックアップする必要があれば、仮想マシンのゲストオペレーティングシステムからバックアップを実行できます。ただし、それは完全バックアップではなくて、ただ完全バックアップする前のゲストオペレーティングシステムからのバックアップです。

第三者ソフトウェア——AOMEI Backupper サーバー版でHyper-V Server 2012をバックアップ

Hyper-V Server 2012にバックアップ、復元用のツールと言えば、Windows Server Backupはいい機能だと思われるかもしれませんけど、制限があります。例えば、VMsをネットワーク共有へバックアップしたら、バックアップセットの単一バージョンを維持するしかないこと、旧バックアップを毎回上書きすることがあります。勿論、スケジュールで異なる場所にして、こういう状況を避けることができますが、完全バックアップが毎回されるので、効率は非常に低くなります。したがって、もし実用性、柔軟性がよりよいバックアップソリューションを探していれば、Hyper-V Serverバックアップ向け最三者ソフトウェアを 使用したほうがいいです。ここでは、AOMEI Backupper サーバー版をお勧めします。

AOMEI Backupper サーバー版で簡単かつ高速にHyper-V Server 2012をバックアップ、復元することができます。説明も簡潔明瞭だし、機能も使いやすいです。だから、時間はあまりかかりません。では、このAOMEIBackupper サーバー版でHyper-V Server 2012をバックアップするステップを見てみましょう:

1. 「バックアップ」ー「システムバックアップ」をクリックし、始めます。ここでは、システムバックアップを例とします。

システムバックアップ

2. AOMEI Backupper は自動的にシステムパーティションを選択します。「宛先パスとして別の場所を選択」をクリックします。

宛先

柔軟なバックアップ方法と強力なバックアップ機能のおかげで、AOMEI Backupperは立派なソフトウェアであると考えられています。だから、より簡単かつ高速にHyper-V Server 2012をバックアップするには、Windows Server 2003/2008/2012バックアップのソフトウェアーAOMEI Backupperはいい選択だと思います。では、30日間の無料版をダウンロードして試みてください!