Windows Server 2012 のC ドライブをバックアップする方法

なぜ C ドライブをバックアップする必要がある

C ドライブとは、システムパーティションです。C ドライブは空き容量が不足になったら、コンピュー タの作動速度は遅くなって、コマンドにすぐ対応できないこと、ブート時間が長くなること、スクリーン色は暗くなることが段々出てきます。システム崩壊、ウイルス攻撃、ディスク問題およびヒューマンエラーはともかくとして、C ドライブの少し問題までもコンピュータに重大な問題をもたらします。だから、システムイメージバックアップ(C ドライブイメージバックアップ)を作成すべきだと思われます。こうして、コンピュータ上のものを改めて作成せずに、ただこのイメージで前のシステム状態に回復することができます。その他、イメージでコンピュータのハードドライブをアップグレードすることもできます。例えば、新HDDに置き換えてから、作成されたコンピュータシステムイメージバックアップで新HDDに復元することができます。要するに、Windows Server 2012のCドライブのバックアップでコンピュータの問題を解決するだけでなく、利点も与えます。

Windows Server 2012のC ドライブのバックアップは?

文字通りに、CドライブバックアップとはCパーティションに置かれるデータやファイルをイメージ化すること。ただし、このままでデータ、ファイル、アプリを別の場所へバックアップしたら、システム起動を確保できなかったり、データ損失があったりなんてことがある可能性があります。万が一に備えて、ここでは第三者バックアップソフトウェアの使用をお勧めします。こうして、Cドライブバックアップイメージやシステムを含めるシステムイメージを作成したら、ことは簡単になります。各方面から比較して、AOMEI Backupサーバー版をお勧めします!

Windows server 2012 の C ドライブ【バックアップ方法】

Windows Server 2012 の C ドライブバックアップと言えば、AOMEI Backupper サーバー版は強力な機能と操作しやすいインターフェイスがあって、高速かつ信頼性の高いバックアップソフトウェアです。ここでは、このソフトウェアでイメージバックアップを作成する手順を説明させていただきます。

ステップ 1.AOMEI Backupper サーバー版をインストールし、起動します。そのメイン ・ インターフェイスで「バックアップ」―「システムバックアップ」を選択してください。

システムバックアップ

ステップ 2. システムバックアップタスクに名前を付けて、バックアップイメージストレージ先にします。ここではAOMEI Backupper サーバー版に既定されたものはバックアップシステム予約済みパーティションやC ドライブです。このスクリーンショットからみれば、上述の設定以外に、ほかのもあります。例えば、コメント、 暗号化、分割、バックアップイメージの圧縮、自動バックアップ、電子メール通知を有効にすること。その後、「開始」をクリックします。

バックアップ編集

ステップ 3. システムバックアップが終わってから、[完了] をクリックしてください。

完了

とにかく、Windows Server 2012 の C ドライブをバックアップする必要があるし、AOMEI Backupサー バー版はWindows Server の全てのエディションをサポートします。選択に迷わずAOMEI Backupper サーバー版をダウンロードしてください!