Windows 8/8.1 WBadminのバックアップ機能を使用する方法

Windows 8のバックアップオプション

Windows 8/8.1に、Microsoftは「バックアップと復元」を削除しました。このシステムユーティリティを使用して、Windows 7のコンピューターをバックアップできるので、削除した後、ユーザーが多くの文句があります。妥協として、WindowsはシステムイメージバックアップをWindows 8に、バックアップと復元をWindows 10に連れ戻します。幸いなことに、WBadminはWidows 7 WBadminのように働きます。ですから、システムイメージバックアップの以外、他のイメージバックアップを作成したい場合、Windows 8 WBadminやサードパーティ製のソフトウェアを使用することができます。

WBadminコマンドでバックアップを開始する

Windows 8 WBadminコマンドでバックアップを作成する為に、コマンドプロンプトまたはPowerShellを使用することができます。それでは、PowerShellを例として見てみましょう:

1. 検索ボックスに「powershell」を入力して、管理者としてWindows PowerShellを実行します。

2. PowerShellウィンドウに、バックアップコマンドを入力して、Enterを押します。

例えば、プロンプトなしで、全ての重要なボリューム(OS状態)を含むC:ドライブをE:ドライブにバックアップしたい場合、「WBadmin start backup -backupTarget:E: -include:C: -quiet-allcritical」というコマンド構文を使用することができます。

「-backupTarget:」は、ドライブ文字、GUIDベースのボリュームパスや共有フォルダアドレスを指定するによって、イメージバックアップを保存するストレージ場所を指定します。「-include:」はバックアップに含まれた項目を指定します。「-exclude:」はバックアップから除外された項目を指定します。「-quiet」はプロンプトなしでバックアップを実行することを意味します。

Create Image

3. バックアップはすぐに開始します。プロセスが終了するまでに待つだけです。

これは、Win8 WBadminコマンドラインでバックアップを作成する方法です。ニーズによって、パラメーターを変更することができます。このイメージバックアップを復元できるように、Windowsインストールディスクを準備したり、回復ドライブを作成する必要があります。システムイメージ回復のオプションを訪問するように、ブータブルメディアを起動し、Repair your computer—Troubleshoot—Advancedオプションに移動します。

ノート:

1. バックアップに含まれたパーティションとターゲットパーティションのフォーマットはNTFSでなければなりません。

2. 1つだけのバックアップタスクを実行することができます。

無料サードパーティ製のバックアップソフトウェアでバックアップを作成する

AOMEI Backupper Standardは、windows 8向けの完全な無料バックアップソフトウェアで、内蔵バックアップツールの制限がなくて、複数タイプのバックアップを作成することができます。それは、強力な機能をたくさん備えて、バックアップが順調かつ効率的に実行することを保証できます。その特殊なデザインなので、数回クリックして、バックアップを簡単に実行できます。データのバックアップを維持しながら、スペースを節約できるように、スケジュール差分/増分バックアップを使用して、変更されたファイルと追加されたファイルだけをバックアップすることができます。Backupperに作成されたブータブルメディアを使用すると、コンピューターが起動できなくても、コンピューターを復元することもできます。

AOMEI Backupperでバックアップを作成します:

1. この無料バックアップソフトウェアをダウンロードして、起動します。

2. バックアップタブで、システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップとファイルバックアップから1つのタイプを選択します。システムバックアップを例として見てみましょう。

バックアップタブ

3. 「2」をクリックして、バックアップの宛先を選択します。システムバックアップなので、バックアップの時、プログラムは自動的にシステムファイルとブートファイルを含むパーティションをソースとして選択します。

ステップ2

4. 開始をクリックして、このバックアップを実行します。

バックアップを実行する時、コンピューターを使用して、他のことをしてもいいです。グラフィカルインターフェイスが持つバックアップと復元の以外、AOMEI Backupperの有料バージョンで、コマンドラインから、バックアップ、復元やクローンを実行することもできます。それはWindows 8 Wbadminのように働きます。コマンドプロンプトで「AMBackup.exe /?」を入力して、AOMEI Backupper全てのコマンドラインユーティリティパラメータを見ることができます。