HDDからSSDにWindows 8/8.1のインストールを転送する方法

現在、Windows 8/8.1は世界中で広く使用されます。ほとんどのコンピューターユーザーはハードディスクドライブ(HDD)を使用して、データと情報を保存します。伝統のHDDはコンピューターの最も基本的なストレージディスクで、マグネットコーティングを持っての金属のプラッタです。それが回転する時、データを読み込み、書き込むことができます。しかし、このディスクは壊れやすいです。幸いなことに、技術の進歩は新しいストレージディスクSSD(ソリッドステートドライブ)をもたらします。SSDは固体電子記憶チップによって作られるので、プラッタが回転せずに記憶チップにデータを格納します。

HDDからSSDにWindows 8/8.1を転送する理由

HDDからSSDにWindows 8/8.1を転送する理由がたくさんあります。HDDはSSDのような安全性がないプラッタだから、SSDへWindows 8/8.1を転送するのは、多くの悪い事を回避できます。SSDは多くの利点があって、HDDを交換することは当然です。第一、SSDは固体電子記憶チップで作られた新しいストレージディスクであるので、伝統のストレージプラッタHDDより安全です。第二、HDDと違って、SSDのデータはチップから直接に読み込む、書き込むことができるので、HDDより速くて、金属プラッタの回転のノイズもありません。第三、SSDは深刻な環境に(温度は-10℃〜70の間です)パフォーマンスがより良いですが、HDDは5℃〜50の間だけで働けます。

HDDからSSDにWindows 8/8.1を転送するのは、コンピューターの動作がよりよくなることができます。そして、どのようにHDDからSSDにシステムを転送しますか?

HDDからSSDにWindows 8/8.1を移動する方法

Windows 8/8.1は、HDDからSSDにシステムを移動する機能を持っていません。だから、サードパーティ製のソフトウェアを見つける必要があります。機能と価格を考えて、AOMEI Backupper Professionalを非常に推薦します。それは、支払う価値がある強力な機能を持っています。例え、それを使用して、システムバックアップ、システム復元、システムクローン、ブータブルメディアを作成することができます。AOMEI BackupperはWindows XP/Vista/7/8/8.1/10を含む全てのWindows PCのOSをサポートできるので、システムをアップグレードすることを心配する必要がありません。このソフトウェアは使いやすいです。その助けを借りて、HDDからSSDにWindows 8/8.1を転送することはとても簡単になれます。ここに、HDDからSSDにWindows 8/8.1を転送する詳細な手順があります。

行う前に、システムファイルを格納するのに十分なSSDを準備しなければなりません。

ステップ1:AOMEI Backupper Professionalをインストールして、起動します。主なインタフェースで「クローン」をクリックして、「システムクローン」を選択します。

システムクローン

ステップ2:システムクローンはデフォルトでシステムパーティションをソースパーティションとして選択します。ここで、宛先パーティションを選択することができます。それをクリックして、グリーンになります。「次へ」をクリックします。

宛先パーティションを選択

ステップ3:あるポップアップは、宛先パーティションはカバーまたは削除され、操作を続行しますかということを確認します。問題がない場合、「はい」をクリックして、「次へ」を移動します。

はいをクリック

ステップ4:ここは、ずべての操作概要です。このウィンドウの下部に2つのオプションが見えます。「セクター単位のクローン」は未使用領域を含む全てのディスクバイトをクローンします。これはより多くの空間と時間がかかります。「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」をチェックするのは非常に推薦します。SSDの動作を最適化にすることができます。全ての設定が終わったら、「開始」をクリックして、操作を実行します。

開始

進捗は100%に達する時、「完了」をクリックします。

数回のクリックで、AOMEI Backupperはたくさんのタスクを完了することができます。HDDからSSDにWindows 8/8.1を転送するために、もう1つの方法は、HDDにWindows 8/8.1のシステムバックアップイメージを作成して、SSDにシステムイメージバックアップを復元することです。