Windows8/8.1のスケジュールバックアップを無料のバックアップソフトやファイル履歴で作成します

ファイル履歴を有効にすることで、Windows8/8.1のスケジュールバックアップを作成します

Windows 8のユーザーにとっては、問題は、コンピュータのバックアップをスケジュールする方法ではなくて、バックアップ方法です。システムバックアップの場合、Windows8は、Windows 7より、ユーザーが選択できる広い範囲を提供しています。どちらのソリューションを選ぶのがニーズに依存します。ほとんどの場合、我々は、 Windows8のシステムイメージをバックアップする には、Windows8のオペレーティングシステムに向けのユニークな内蔵のバックアッププログラムーファイル履歴を使用してバックアップを行うことをお勧めします。それが流行るツールであるだけでなく、また、強力で高度な設定を持っていますから。

そして、ファイルの履歴をどのように開始しますか?これをオンにするには、コントロールパネルを開いてファイル履歴をクリックします。

File History
上のスクリーンショットの通り、ファイル履歴は、4つの主要なオプションを提供しています。しかし、最後の二つ(除外するフォルダや詳細設定)は最も有用で、最も重要です。 「除外するフォルダ」はバックアップしたくないフォルダを除外しますが「詳細設定」はWindows8のスケジュールバックアップのようなスケジュールを設定するいくつかの特定の設定を含んでいます。操作手順は簡単にGoogleで見つけられるので、ここでは繰り返すことはしません。

: ファイル履歴を使用する場合、イメージファイルを保存する宛先フォルダとしてNAS、ローカルディスク、外付けハードドライブそれにネットワークを選択することができます。

無料のバックアップソフトウェアを使用してWindows8/8.1のバックアップをスケジュールします

ファイル履歴、Windows8のスケジュールバックアップにとっては安定したツールですが、それがファイルレベルのバックアップツールでセクタ単位のバックアップをサポートしませんので、より専門的なサードパーティ製の無料のバックアップソフトウェア、例えば、 AOMEI Backupper が必要とされています。

AOMEI Backupper

AOMEI Backupper は、Windows 8のファイル履歴が提供してるすべての機能 をサポートしているフリーウェアです。また、Windows 8 /8.1のユーザーがそれを使用して、クローン、復元、それに他のいくつかの固有のユーティリティを作成することができます。また、バックアップを暗号化することによって、プライバシーを守ることができます。バックアップイメージがスペースを占めすぎた場合、それを圧縮することもできます。加えて、弊社の製品やサービスに関するコメントや意見がある場合、ご遠慮なく送ってください。

要約すると、サードパーティ製のプログラムのスケジュールバックアップ機能が通常、Windowsのスケジュールバックアップの設定よりもより柔軟でヒト化です。例えば、AOMEI Bakcupperは、ユーザーに三つのスケジュールモードを提供しています。それは、デイリバックアップ、ウィークリバックアップ、マンスリバックアップです。各モードでは、さらに高度な設定のために複数のサブオプションが提供されています。この無料のバックアップソフトウェアの助けで、本当にWindows8/8.1のスケジュールバックアップを実現することができます。AOMEI Backupperを無料ダウンロード して試してみましょう!

Schedule Backup Settings

関連記事: