Windows8のドライブをコピーします

Windowsは、多くのドライブクローニングプログラムを提供しています。それぞれ独自の長所と短所を持っていますので、完璧なものを選択することがほとんど不可能です。これに基づいて、我々はあなたがAOMEI Backupperを使用してクローン作成のタスクを開始することをお勧めします。

AOMEI Backupperのクローン機能についての説明

AOMEI Backupperは、いくつかの 拡張特徴と機能が組み込まれているバックアップソフトウェアです。これらの機能の中で、クローン機能は、最も重要で、最もよく行われている機能の一つです。この強力な機能は、Windows8のディスクやパーティションを簡単かつ自由にクローンすることができます。「システムクローン」を選択したら、ディスク全体よりも、単一のパーティションのクローンを作成することができます。例えば、 Windows8のパーティションをクローンする場合、E:パーティションにC:パーティションをクローンすることができるだけでなく、また、E:パーティションをF:パーティション更に別のHDDにクローンすることもできます。ディスクをクローンする場合、頻繁に使用されているのは別のディスクにディスクをクローンするフォームです。

システムクローン

どんな状況でWindows 8のドライブをコピーしますか

  • あなたは、分割、リサイズなどのパーティション操作を実行する時、データを失うことを心配する場合に、クローンを作成することによって、事前にそのパーティションの複製を作ることは必要です。
  • あなたがパーティションのクローンを必要とし、ディスクのクローン がニーズに満たせない場合。例えば、4つのパーティションを持つディスクを1つのパーティションだけを持って、そのパーティションをクローンしたい場合、システムクローン機能が必要です。
  • ソースパーティションには実行中のプログラムがあるので、システムは、別のディスクにすべてのデータをコピーすることを禁止する場合、AOMEI Backupper を使用して、ターゲット場所にパーティション全体をクローンすることができます。アクセスが拒否されたデータをクローンすることもできます。

どのようにAOMEI Backupperを使用してWindows8のパーティションをコピーしますか?

他のWindowsのクローニングプログラムやクローニングAPPと比較して、AOMEI Backupperの最大の利点の一つは、コンピュータの動作状態を中断することなく、クローニング・プロセスを実行する権限を超えて、そのタスクを実行することです。つまり、クローニングタスクを実行する時に、再起動する必要がありません。一方、これを使用して、別のディスクにディスク全体のクローンを作成することができます。また、個々のパーティションのクローンを作成することもできます。

加えて、AOMEI Backupperは、バックアップのために設計された特別なソフトウェアであるので、それを使用して、 スケジュールバックアップ、差分バックアップや増分バックアップを行うことができます。それでは、詳細手順を見てみましょう。

ヒント:この フリーソフトウェアをダウンロードし、インストールして起動します。

ステップ1, 「クローン」をクリックして「システムクローン」を選択します。

システムクローン

ヒント:システムパーティションがデフォルトに選択されますので、それを選択必要がありません。

ステップ2, 宛先パーティション(ここではF)を選択してから「次へ」をクリックします。

宛先ディスク

注意: 未割り当て領域または既存のパーティションを宛先にすることができますが、既存のパーティション上のすべてのデータは、クローン後に上書きされます。そのため、クローニングする前に、宛先パーティション上に重要なデータがあるかどうかをチェックする必要があります。ある場合、我々は、それをバックアップすることをお勧めします。

ステップ3, ここでは、「操作の概要」ページです。動作を確認して「開始」をクリックします。 (「パーティションのサイズを編集」をクリックして宛先パーティション上のパーティションのサイズを変更することはできます。また、対応するオプションをクリックしてセクター単位のクローンを作成することもできます。)

操作概要

ステップ4, 「完了」をクリックしてインターフェイスを終了します。

  • ソフトウェアブランド: AOMEI Backupper
  • プラットフォーム: Windows XP以上のエディション(最新のWindows10もサポートする)
  • 費用: 無料
  • ダウンロードページ: ここをクリックしてください。