Windows8 64ビットでHDDをクローンする方法

HDDクローン

HDDまたはハードディスクというものはコンピューターで情報を保存したり、検索したりする装置です。そして、HDDクローンは、ソフトウェアあるいはハードウェアを利用して、あるHDDから全てのことを完全に他のディスクにコピーすることを意味します。以下のような状況で、HDDクローンが必要であるかもしれません:

  • 復元:システム回復を実行する時、HDDクローンは使用されます。それはイメージファイルを利用して、元の内容を削除できます。また、HDDに残ったコンピューターウイルスを排除できます。
  • フルバックアップ:HDDクローンは、OSおよびインストールされたソフトウェアのフルバックアップに等しいです。そのため、それは次のシステム回復に多くの時間を節約できます。
  • 新しいコンピューターへのインストール:HDDクローンを利用して、新しいコンピューターにソフトウェアをすぐにインストールして、使用することができます。

32ビットと64ビットの違い

Windows8の普及につれて、より多くのシステムは32ビットと64ビットに分かれます。この2つのタイプの違いは何ですか。ここでは簡単な紹介です。

まず、32Bitまたは64Bitはデータを処理するCPU(中央処理装置)の能力を指します。今、CPUは通常に64ビットです。実は、それが32ビットの技術をまた残して、いくつかの改善を行うだけです。そして、32ビットと64ビットはメモリアドレスに関連します。他の言葉で、32ビットのOSは最大4Gメモリをサポートしますが、64ビットの最大メモリは数億のビットまでに達します。しかし、32ビットソフトウェアの開発に基づいて、今までもそれらのほとんどは64ビットのシステムでサポートされません。

本題に戻ります。以下のチュートリアルは、無料AOMEI Backupperを使用してWindows8 64ビットのHDDをクローンする手順を表示します。それは、Windows 8.1/7/10/XP/Vistaの他に、Windows 8 64ビットと32ビットをサポートします。

無料AOMEI BackupperでWindows8 64ビットのHDDをクローンする方法

AOMEI Backupper Standardの無料バージョンをダウンロードして、インストールし、起動します。

知っている必要があること:

  • 小容量ディスクへ大容量HDDをクローンすることができます。前提条件は、ソースディスク上の全ての有効なデータを納めるために宛先ディスクが充分なスペースがあることです。AOMEI Backupperは事前にこの問題を確認します。
  • 宛先ディスク上の全てのデータは上書きされます。そのため、これらの重要なデータを事前にバックアップしたほうがいいです。
  • 宛先ディスクはダイナミックディスクである場合、まずそれをベーシックディスクに変換する必要があります。(AOMEI Partition Assistant Professionalエディションでこの問題を解決できます。)
  • 通常に、システムディスクはソースディスクだけになれます。

ステップガイド:

1) 「クローン」そして「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

2) ソースディスク(ここではディスク0です)を選択して、「次へ」をクリックします。

ソースディスク

3) 宛先ディスク(ディスク1)を選択して、「次へ」をクリックします。

宛先ディスク

4) 設定を確認して、「開始」をクリックします。

ヒント:

  • 「宛先ディスク上のパーティションを編集」はパーティションをリサイズすることです。
  • 「セクター単位のクローン」は全てのデータ、削除されたデータまでもコピーします。そのため、宛先ディスクはソースディスクと等しくて、またはより大きくなければなりません。
  • 宛先ディスクはSSDである場合、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」をチェックして、その読み込みと書き込みの速度が加速できます。
開始

5) 進捗状況が100%に達すると、「完了」をクリックします。

合計、五つの手順があります。簡単でしょう。実は「ディスククローン」は「Disk to Disk」または「D2D」と呼ばれています。それに加えて、AOMEI Backupperは他の機能もあります。例えば、パーティションクローンシステムバックアップなどです。それらはコンピューターをもっと安全かつ良くにします。